財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y10037
タイトル
わが国のIT化が産業の構造変化や生産性向上に与える影響
[Title]
Effects of ICT Intensity on the Changes in Industrial Structure and Productivity Growth in the Japanese Economy
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
わが国のIT(情報通信技術)化は生産性向上や経済成長にあまり結びついていないという指摘がある。また、産業構造の転換を通じた経済成長に注目が集まり、政策的対応も進んでいる。さらに、電気事業者も電力需要への影響という観点から関心を持っている。そこで、本研究では、わが国の産業構造はどのように変化し、その転換を図る上で活用されている政策の問題点を提示する。また、産業のIT化による生産要素投入の構造変化は、生産性上昇に貢献するか、という点を定量的な分析により明らかにし、政策的含意を得る。
分析の結果、以下の点が明らかとなった。
付加価値成長率の高い産業は、IT製品に関連する製造業の一部に限られており、その構造はここ20年間ほとんど変化がない。また、「新成長戦略」や「産業構造ビジョン2010」といった成長戦略には、ターゲティング政策が多く、成長力を高めるための施策は、IT(情報通信技術)の利活用、法人税減税、研究開発投資の支援、インフラの重点的整備などに限られる。
また、実証分析の結果によると、IT化は、構造変化を通じて製造業部門では生産性の向上に繋がる一方、非製造業部門では労働投入の構造変化が、生産性向上に結びついていない。そのため、非製造業部門を中心に職業訓練の充実や労働市場の効率化を通じ、資源の有効活用が求められる。
[Abstract]
Previous papers compare the effects of Information and Communication Technology (ICT) on aggregate labor productivity growth in Japan, the European Union, and the United States. They find that ICT-using industry has a low growth rate of labor productivity despite of its high value-added share in Japan. That might be one of the reasons the growth of Japanese economy is sluggish.
This paper clarifies how the industrial structure has changed in Japan, what policies are used to attempt the conversion of the industrial structure. Also, we clarify how the changes in the input structure in each industry contribute to the increase in productivity.
We find that some ICT-related industries, including computer equipment, semiconductor devices and integrated circuits, and electronic parts, has a low value-added share despite of achievement of a high labor productivity growth. Moreover, its structure has not been changed for 20 years. We find the ICT intensity has a positive impact on the changes in capital coefficients in each industry. However, it is shown that the estimated coefficient of ICT on the degree of occupational change is significantly negative in non-manufacturing industry. Moreover, we find that changes in capital coefficients and changes in input-output technical coefficients have a positive and significant effect on productivity growth in all industries. In contrast, coefficients of the changes in occupational composition are significantly positive only in the manufacturing industry.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2010
発行年月 [Issued Year / Month]
2011/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

浜潟 純大

社会経済研究所 エネルギー事業政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
産業構造 Industrial Structure
経済成長 Economic Growth
新成長戦略 New Growth Strategy
IT資本ストック ICT Capital Stock
生産性 Productivity
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.