財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y10038
タイトル
中国における環境配慮型都市政策−政策形成・執行過程における中央政府と地方政府の関係を中心に−
[Title]
The EcoCity Policies in China; Focusing on Relationship between Local and Central Governments in the Policy Formulation and Implementation Process
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
日中間の政治・行政の法体系の違いに配慮しつつ、中国の環境配慮型都市政策の形成・執行過程における中央と地方政府(主に省級政府)の関係に焦点をあて、その特徴を明らかにする。中国の環境配慮型都市政策を実現するための多様な仕組み・制度のうち、推進主体(国または地方政府)、政策類型(表彰制度、都市開発制度など)の異なる3つの代表例に焦点をあて、当該政策関連の法令、通達、計画等の文書を、中央政府や地方政府等の公式ウェブサイト等より得て内容分析を行った結果、以下の知見が得られた。
々駝咳(内閣に相当)が推進する国家目標再分配政策
国務院が「汚染物排出総量10%削減」といった具体的な国家目標(以下、「節能減排」目標)を設定し、それを地方政府ごとの目標に細分化し、目標達成状況と政府責任者の人事評価とをリンクさせる手法(以下、人事評価手法)や、目標不達成の場合の不利益措置(免職、国によるインフラ支援の中止など)を講ずるなどによって、政策の実効性を確保していることが、本政策の大きな特徴の1つである。このような政策が実現できる理由は、中国における国家発展計画(いわゆる5カ年計画)の法的拘束力および事実上の強制力の強さ、中央政府の省級政府に対して有する指揮監督権限の強さ、にあることが分かった。
中央機関(省庁に相当)が推進する表彰制度
環境部(環境省に相当)の「生態都市(環境モデル都市)」表彰制度の例では、以下の2つの方法により実効性を確保しようとする特徴をもつ。1つは前述の人事評価手法の導入であり、いま1つは、「認定率80%」 といった指標を用いて省級政府とその所管行政区域内の県・市等との間に「連帯責任」が生じる仕組みを導入していることである。
C亙政府が推進する環境配慮型都市開発制度
近年、地方政府が策定する都市計画において「生態都市」プロジェクトが増えている背景の1つに、「資源節約型、環境友好型社会づくり」という国家発展計画における基本原則の拘束を受けていることが挙げられる。「天津中新生態城」は、数ある「生態都市」プロジェクトの中でも、二国間共同開発事業による環境配慮型都市づくりの経験を模倣可能、実現可能、普及可能なモデルケースとして中国全土に普及させるという、「三能」原則が掲げられていることから注目に値する。事業誘致における省級政府(天津市)の役割を検討した結果、中国政府及びシンガポール政府に対する市の積極的なアプローチ、政策提案が事業誘致成功のカギであったことが分かった。
これら3つの政策は、概ね、トップダウン型政策(,よび)とボトムアップ型政策に整理できるが、,砲肋糞蘋府のローカルイニシアティブによるボトムアップの要素も含まれる。省級政府の主要責任者は、国家目標の実現主体として、責任も大きいが政策形成・執行過程における自主判断権も大いに保障されている。
[Abstract]
Japanese government announced an export of urban infrastructure package to Asia as one of the key policies in its "New Growth Strategy." Therefore it is significant to obtain a perspective on the EcoCity policies in China which are implemented to cope with rapid urbanization. This paper clarifies the characteristics of EcoCity policies in China from a perspective of administrative law focusing on the relationship between local and central governments.
Results of literature surveys on laws and plan documents regarding three types of the policies demonstrate the followings; 1) the policy led by the State Council; the Council set goals for each local government and combine status of the achievement with personnel evaluation to ensure effectiveness. It is realized by powerful legal binding force of "the eleventh five years' development plan." 2) the policy led by each ministries and agencies; for example the prize-giving scheme of the Ministry of Environment, the effectiveness is ensured by the above mentioned personnel evaluation and assigning collective responsibility to provincial governments and municipalities. 3) the policy led by local governments in accordance with the principals of the national development plan; as for "Tianjin EcoCity" which is a representative of this type, one of the key factors to invite the project is local government's aggressive policy proposal to the central government and the Singapore government who is the counterpart of the bilateral collaborative development.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2010
発行年月 [Issued Year / Month]
2011/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

金 振

社会経済研究所 地域政策領域

馬場 健司

社会経済研究所 地域政策領域

田頭 直人

社会経済研究所 地域政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
環境配慮型都市 EcoCity
政策過程 Policy Process
行政法 Administration Law
新成長戦略 New Growth Strategy
都市インフラ Urban Infrastructure
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.