財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y11001
タイトル
米国各州の再生可能エネルギー電力買取制度(FIT)−買取価格の決め方と費用回収規定−
[Title]
Feed-in Tariffs in the United States - How are the rates set? How do utilities recover FIT-related costs? -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
我が国では、再生可能エネルギーの全種全量買取制度の実施に向けて、議論がなされてきた。将来における制度の見直しにおいては、最近FIT導入を進めている米国諸州の制度が参照される可能性が高い。そこで、米国ですでに州レベルでのFITを導入した5州を調査した。明らかにしたおもな点は以下の通りである。
(1)日本と異なり,米国のFITは,主に小規模電源を対象とし,買取量の上限が設定されている。そのため,RPS制度と併存している例が多い。FITの下で取引された電力の再生可能エネルギークレジット等の環境価値は,原則として,発電事業者から電力を買い取った電気事業者に移転する。
(2)米国内のFIT支持者は、買取価格は発電費用を基礎とすべきと主張しており、これに従う州もある。他方で、電源種別にかかわらず一律の買取価格を定める州もあるが、その背景には、買取価格の上限値を回避費用とする連邦法の影響がある。カリフォルニアでは、回避費用を柔軟に解釈するようなFITの導入がなされているが、連邦エネルギー規制委員会がこの方法を認めたことにより、FITが再生可能エネルギー普及の推進力になる可能性がある。
(3)すべてのFIT制度において、電力会社の負担する関連費用は、電気料金または付加金を通じた回収が認められている。バーモント州では、電気料金そのものを通じた回収が、カリフォルニア州などでは燃料費調整制度を通じた回収が認められている。オレゴン州では、あらたな付加金(サーチャージ)を用いて、回収している。
[Abstract]
Japan has been under debate over whether and how to enact a comprehensive feed-in tariff (FIT) program. Upon its future review, it is likely that the FITs in the U.S.A would be a possible reference. We surveyed five states in the U.S. that have adopted their own FIT programs. Major findings are as follows.
1) In the United States, FITs are concurrently adopted with renewable portfolio standard (RPS) programs. Environmental attributes like renewable energy credits are generally transferred from its generator to the utility that purchased the power under FIT programs.
2) FIT advocates in the U.S. propose that FIT rates be set based on the generators' costs. Some states follow this scheme. Other states set single, uniform FIT rates regardless of the types of renewable technology, and this is because a federal statute caps the tariff at utilities' avoided costs. One of California's FITs set the rate based on the utilities avoided cost, but calculates the cost quite flexibly. Because the latter scheme was approved by the FERC, the federal energy regulator, FITs can be a strong driving force to deploy renewable generation in the United States.
3) All FIT programs guarantee utilities to recover their FIT-related costs through retail electricity rate or surcharge. Vermont's FIT programs guarantee cost recovery via rate cases. California, Hawaii and Louisiana allow their utilities to recover FIT costs through fuel adjustment clauses (FACs). Oregon established a new surcharge scheme to recover the cost.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2011/08
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

佐藤 佳邦

社会経済研究所 エネルギー事業政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
電力買取制度 Feed-in Tariffs
再生可能エネルギー発電 Renewable Energy Generation
電気料金 Electricity Rate
費用回収方法 Cost Recovery Scheme
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.