財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y11002
タイトル
プラント従業員の業務に関する繁忙感、やりがい、やらされ感の検討−業務状況と組織風土が及ぼす影響−
[Title]
Study of Feelings of Busyness, Worthiness, and Forced Obligation at Work among Plant Workers - Effects of Demanding Operational Situations and Organizational Climates -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
多くの産業において、従業員の業務に対する負担感や意欲に関する問題(繁忙感、やらされ感の増加、やりがいの低下)が危惧されている。そのため、業務負担感の影響要因の解明とそれを解決するためのマネジメント対策の考案が必要とされている。そこで本研究では、困難な業務状況と組織風土がプラント従業員の業務負担感に及ぼす影響を検討するための質問紙調査を行った。調査対象者は2つのプラントに勤務する従業員490名であった。業務負担感は3つの側面(「繁忙感」、「やりがい」、「やらされ感」)、困難な業務状況は4つの特徴(「評価・説明・協力の不足」、「業務の切迫性」、「業務と知識・経験の不適合」、「業務の煩雑さ」)、組織風土は3つの因子(「計画・方針の明確さ」、「コミュニケーションの活発さ」、「上司の支援」)で測定した。諸変数の関係を吟味するために、交互作用項(業務状況と組織風土の積)を含む重回帰分析を実施した。一連の分析の結果から、概して、困難な業務状況は業務負担感に悪影響を与えていることが示された。しかし、この悪影響は組織風土によって調整されることも見出された。すなわち、従業員が良好な組織風土を認知している職場では、業務状況の悪影響は緩和または有益な効果に転換されていた。これらの知見から、組織風土の改善を目指した職場づくりや職場活性化の活動は、プラント従業員の業務負担感を軽減するための対策として有用であることが示唆された。
[Abstract]
Several industries have a growing concern about the issues of psychological burdens among their workers, i.e., increased feelings of busyness and forced obligation and decreased feelings of whether their work is worthwhile. Therefore, identification of factors influencing psychological burdens and development of effective management strategies are required to resolve these issues. This study investigates the effects of demanding operational situations and organizational climate on psychological burdens among plant workers. The investigation was based on a questionnaire survey conducted on 490 respondents, who worked in two plants. Psychological burden was measured in terms of three aspects of feelings experienced while at work: feelings of "busyness," "worthiness," and "forced obligation." Demand for an operational situation was measured by four characteristics: "insufficient explanation, cooperation, evaluation"; "urgency"; "mismatch between required and acquired knowledge and experience"; and "complexity." Organizational climate was measured by three factors: "clarity of operational policy and plan," "open communication," and "supervisor support." To examine the relationships among these study variables, a series of multiple regression analyses including interaction terms (i.e., products of operational situation and organizational climate) were performed. Results revealed that, as a whole, demanding operational situations had adverse effects on psychological burdens. However, some of these effects were moderated by organizational climate. For instance, in the workplace where workers perceived their organizational climate as positive, the adverse effects of demanding operational situation were changed into non-adverse or beneficial ones. These findings suggested that activities that create a healthy workplace to improve organizational climate are essential measures to prevent psychological burdens among plant workers.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2011/10
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

三沢 良

社会経済研究所 ヒューマンファクター研究センター

佐相 邦英

社会経済研究所 ヒューマンファクター研究センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
業務負担感 Psychological burdens at work
組織風土 organizational climate
職場づくり Creating healthy workplace
プラント従業員 Plant workers
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.