財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y11005
タイトル
エンドユース技術を組み込んだ世界統合評価モデル(BETモデル)の開発
[Title]
Development of the BET model that is an Integrated Assessment Model including End-use Technologies
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
温室効果ガス(GHG)削減にはエンドユース技術を含めた対策が重要である。しかし,世界のエネルギーシステム,経済成長,気候科学を含めた統合評価モデルでは,エンドユース技術は十分評価されていなかった。
本研究の目的は、最適成長型統合評価モデルの基本構造に従いつつ,多種のエンドユース技術を組み込んだ世界の統合評価モデルを開発することである。
研究の結果、次の成果を得た。
1. BETモデルの特徴
「基礎的エネルギーシステム・経済・環境・エンドユース技術モデル(略称BETモデル)」を開発した。開発したBETモデルは,EPRI(米国電力研究所)等が開発したMERGE型モデルの一つに分類されるが,多種のエンドユース技術を同一モデルとして結合するところに特徴を持つ。当所で開発した簡易気候モデル(SEEPLUSモデル)を同一モデルとして結合する(関連報告書参照)。
2. BETモデルのエンドユース
BETモデル中のエネルギーモデルにおいて,エンドユース技術およびエネルギーサービス需要を明示する。エンドユース技術間の競合を考慮するのは,競合が顕在化しており需要規模の大きな,家庭部門の暖房(技術例としては電気式エアーコンディショナーなど),輸送部門の旅客輸送(電気自動車など)などの8部門である。
今後は、エンドユース技術として重要なコージェネレーションやエンドユース技術の技術進歩の取り扱いを検討する。BETモデルを用いて,エンドユース技術を含めた,超長期のエネルギーシステム・経済・環境のシナリオを作成する。GHG濃度に対する気温上昇の不確実性や,気温上昇に対する経済の損失関数の不確実性を考慮した分析を実施する。
[Abstract]
An Integrated Assessment Model, (IAM) is a tool to develop long-term mitigation scenarios considering the interaction among energy systems, economy, environment, and its damage. The main purpose of this study is to develop an IAM that is based on the optimal growth theory and includes not only energy supply technologies but also end-use technologies such as electric heating, heat pump water heaters, air-conditioners, and electric vehicles.
The authors developed a new IAM with end-use technologies called BET (Basic Energy Systems, Economy, Environment, and End-use Technology Model). The BET is the first IAM that is based on the basic structure of the optimal growth model and realizes a hard link with various end-use technologies. The climate model in the BET is the SEEPLUS developed at CRIEPI.
The energy services with competition among end-use technologies are high-temperature and low-temperature heating in industry; space and water heating in the buildings and household; and passenger vehicles in transportation. The end-use technologies in the BET include various electric technologies and appliances such as industrial electric heaters, heat pump water heaters, electric air-conditioners, and electric vehicles.
The BET the authors developed realizes the development of long-term scenarios of energy, economy, and environment, considering penetration of various end-use technologies.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

山本 博巳

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

杉山 昌広

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

筒井 純一

環境科学研究所 大気・海洋環境領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
統合評価モデル Integrated Assessment Model
エネルギーモデル Energy Systems Model
エンドユース技術 End-use Technology
簡易気候モデル Simple Climate Model
BETモデル The BET model
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.