財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y11007
タイトル
LNGの効率的利用に向けたLNG基地間接続効果の定量分析
[Title]
Quantitative analysis of connection between LNG terminals for efficient utilization of LNG
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
東日本大震災以降、原子力発電の代替電源としてガス火力の重要性が増している中、貴重な輸入資源であるLNGを有効利用することは、電力会社の課題の一つである。本稿では、LNGの有効利用を可能とし、さらに発電所の燃料不足リスクやLNG船受入れ時にLNGがタンク容量を超過するリスクを低減する、電力会社のLNG基地間を繋ぐパイプラインの効果の定量的評価を試みる。まず、LNG基地に繋がる発電所の熱効率の違いに着目した燃料消費量最小化モデルを構築し、さらに過去の実績値を元にした試算によりその効果を数値で示した。震災以降、広域天然ガスパイプライン網の開発に対して、政府も積極的な姿勢を示しており、都市ガス網とは一線を画すものの、電力会社にとっても基地間パイプラインは将来の有力な投資の選択肢の一つとなると思われる。本稿で示した定量化手法は、この様な投資を検討する際に指針を与える有効なツールとなることを期待する。
[Abstract]
After the Great East Japan Earthquake, LNG fired power generation takes on increasing importance as substitution of nuclear power generation. With the increased amount of LNG imports, its price also has risen gradually. In this situation, it is required for electric power companies to utilize LNG effectively more. This report focuses on the effect of connecting LNG terminals on reducing fuel consumption in the LNG power plants in addition to improving security of gas supply, such as mitigating the risks of fuel shortage and fuel overflowing from tank capacity. The purpose is proposing the method to quantify the effect of connecting LNG terminals and showing the quantitative effect through the trial calculation. The main results are listed below.
1) The quantification model is constructed using the fuel consumption minimizing model based on the mixed integer program, which focuses on the difference of thermal efficiencies among power plants which are built close to the LNG terminals. Then, the connecting effectiveness index is defined as reduction rate of minimized fuel consumption between with and without LNG related constraints.
2) Through the trial calculation using actual data, the connecting effectiveness index is scored 3.42% in a certain case, which is equal to improving thermal efficiency of power plants by 1.6%. Furthermore, after the terminal connecting, the standard deviation of LNG reserve rate becomes smaller than those in the case of independent terminal operation.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

筒井 美樹

社会経済研究所 電気事業経営領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
LNG基地 LNG Terminal
ガスパイプライン Gas pipeline
定量分析 Quantitative analysis
熱効率 Thermal efficiency
セキュリティー Security
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.