財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y11011
タイトル
情報提供場面における信頼形成過程の検討 −相互信頼または相互不信の循環に関する実験研究−
[Title]
Analysis of turst building process between information provider and receiver - An experimental study of mutual trust or distrust cycle -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究の目的は,情報の非対称性がある二者の継続的な相互作用関係において、情報優位者による情報隠しは長期的には損失を招く可能性があるにも関わらず、それが生じる要因を明らかにすることである。参加者が二人一組のペアになり,情報提供者と受け手の役割のどちらかに割り振られ,繰り返し情報のやりとりを行う実験室実験を行った結果,提供者が正直に情報提供しているかどうかを受け手が判断できない状況では受け手にはリスク回避傾向が生じ,提供者の情報隠しの程度は受け手のリスク回避傾向の強さと強く相関していた。情報隠しが明らかにならない限りは,情報提供者は情報隠しをした方がより大きな利得を得ることができるが,一旦情報隠しが明らかになると受け手はよりリスク回避的になり,提供者への信頼も低下した。しかし、提供者は情報隠し発覚後に正直になるのではなく,発覚前と同程度の利得を得るために虚偽報告をしつづけた。つまり,短期的には情報隠しは情報優位者にとって利得をもたらし,長期的には損をしないために情報隠しをせざるをえない状況が存在するため,情報隠しがなくならないことが示唆された。
[Abstract]
This study demonstrates why information providers continually conceal risky information despite potentially damaging the provider in the long term. In an experiment, participants were divided into pairs of "providers" and "receivers", and they interacted repeatedly. The results of the experiment were as follows. (1) Information asymmetry possibly elicited risk aversion in receivers, and furthermore the providers' expectation of the degree of the receivers' risk aversion influenced the behavior of the providers. (2) Concealing risky information was beneficial as long as the receivers did not detect it, but once they knew the fact, they became more risk aversive and decreased trust on the provider. The providers, however, continued to conceal risky information in order to prevent damage caused by receivers' risk aversion that become stronger than before. That is, concealing risky information undermined the receivers' trust in the providers. The receivers' distrust in the providers made their own reaction more risk aversive. And the receivers' risk aversive reaction caused the providers' next concealing risky information. This results suggest that concealing risky information (caused by distrust in the receivers) and risk aversive reaction (caused by distrust in the providers) interact and support each other, that is mutual distrust.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

小杉 素子

社会経済研究所 電気事業経営領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
信頼 Trust
情報の非対称性 Information asymmetry
リスク回避傾向 Risk avoidance
相手の行動の予期 Expectation of partner's behavior
実験室実験 Laboratory experiment
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.