財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y11012
タイトル
長期的視点に基づく送配電料金収入の規制方式のあり方と課題−英国の新たな規制方式RIIOからの示唆−
[Title]
Issues in Network Regulation based on Long-term View -Implications from the New Regulatory Framework (RIIO) in UK Electricity Network-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
英国で新たに導入されるRIIOと呼ばれる送配電料金収入の規制方式は,効率化を促すインセンティブ規制の枠組みを維持しつつ,長期的視点で必要となる設備投資を促すため,規制期間(収入上限の本格改定までの期間)を8年に延長する他,送配電事業者の「アウトプット(需要家や利用者に価値をもたらすもの)」に基づいて収入上限を算定するところに特徴がある。規制期間の長期化には,期間中の不確実性への対応を誤れば,結果的にそのメリットが失われる可能性が十分にある。また,アウトプットについては,事業者自身がステークホルダーエンゲージメントを通じて策定するが,それが収益に与える影響を見極めることは難しく,制度の運用の複雑さが増すことも懸念される。ただし,送配電事業のアウトプットの検討やステークホルダーエンゲージメントそのものは,今後のわが国の電気事業が自主的に取り組むこととしては参考になる。
[Abstract]
This report discusses the issues in the new regulatory model for UK electricity networks, called RIIO (Revenue using Incentives to deliver Innovation and Outputs), and derive implications for rate regulation in Japanese electricity industry. Although RIIO is based on the framework of revenue cap, there are a couple of new features. First, the regulatory period will be extended from the current five years to eight years. Second, the allowed revenue will be based on multi-dimensional outputs to be delivered, rather than the volume of electricity delivered. It also emphasized the extended role of third party in delivering network outputs and network innovation through competitive funding.
RIIO is still a new approach and it is not yet clear whether the new features would work effectively, and in particular it would be difficult to manage high uncertainty caused by longer regulatory period as well as output-based assessment of allowed revenue. It is important for the Japanese electricity industry, however, to understand the motivation behind these attempts in new scheme. Reconsidering the outputs of electricity network through stakeholder engagement would be helpful in the near future to ensure the value for money, regardless of the regulatory framework, as the electric utilities will be facing significant challenges by energy policy uncertainty as well as other exogenous factors.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

服部 徹

社会経済研究所 電気事業経営領域

三枝 まどか

社会経済研究所 電気事業経営領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
送配電料金規制 Regulation of Network
インセンティブ規制 Incentive Regulation
イノベーション Innovation
アウトプット Outputs
英国 United Kingdom
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.