財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y11021
タイトル
電気自動車の蓄電機能と家庭用蓄電池に対する一般消費者の意向
[Title]
Public Attitude toward Vehicle-to-home Systems and Home-use Storage Batteries
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
東日本大震災を契機に、非常用電源やピークシフト策として、電気自動車(EV)の蓄電機能や家庭用蓄電池に対する期待が高まっている。そこで、一般消費者を対象として、EVの蓄電機能および定置型の家庭用蓄電池の利点等の特徴に対する意向や、それらの購入に対する意向を把握した。非常時の停電対応等の蓄電機能の利点は、6割程度の者にとってEV購入の動機となるが、車両本体の利点と比較すれば、動機となる者が少ない。家庭用蓄電池の同様の利点は、EVの蓄電機能と比較して、購入の動機となる者がより多く、EVでは車両の性能がより重要視されている。また、蓄電機能付きEVの購入にあたって、耐久期間内のガソリン車と比較した走行費用の低下分等の許容可能な最低額を尋ねた結果、購入意向のない者および購入意向を有する場合でも割高な購入費用の回収を条件とする者が大半を占めた。蓄電機能のない場合と比較すると、価格差が30万円でも、より価格の高い蓄電機能付きの場合に、より高い許容額が求められる傾向にある。蓄電機能付きEVに購入意向を示す者は、性別は男性、年収はより高く、年齢はより低い傾向にあった。また、オール電化住宅の居住者は、より高い購入意向を示していた。家庭用蓄電池では、年収が高く、オール電化住宅の居住者が、購入意向を示す傾向にあった。
[Abstract]
The objective of the present paper is to investigate public attitude toward the vehicle-to-home power systems using plug-in electric vehicles (EVs), such as battery electric cars and plug-in hybrids, and the fixed type battery storage systems for home use. We conducted a questionnaire survey of consumers living in detached houses around Japan, obtaining 6,517 responses. First, we show that merits of the vehicle-to-home, such as preparation for a blackout, give incentives to about 60% of respondents to purchase EVs, while merits of vehicles themselves, such as charging at home, give incentives to more respondents. For the fixed type batteries, the same merits with the vehicle-to-home encourage about 70% of respondents to purchase them. Second, we show respondents' willingness to purchase both systems according to price and clarify indicators of those who have the willingness. Those who are male, younger and having higher income are more willing to purchase EVs with the vehicle-to-home. For the fixed type batteries, higher income and all-electric home living are the indicators. Last, we show the purpose for which respondents purchase those systems and the minimum amounts of power required by respondents to store all the time for the purpose of preparing for a blackout.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

田頭 直人

社会経済研究所 経済・社会システム領域

池谷 知彦

材料科学研究所 先進機能材料領域

土屋 依子

社会経済研究所 経済・社会システム領域

馬場 健司

社会経済研究所 経済・社会システム領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
電気自動車 Battery Electric Vehicle
プラグインハイブリッド車 Plug-in Hybrid Vehicle
家庭用蓄電池 Home-use Storage Battery
車両から住宅への給電 Vehicle-to-home
太陽光発電設 Photovoltaic System
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.