財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y11022
タイトル
東日本大震災の経済影響と復旧状況に関する実態調査―岩手県・宮城県に立地する企業を対象として―
[Title]
Survey for economic impact and business recovery of the Great East Japan Earthquake
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
東日本大震災を契機として,企業の立地変更が被災地域で進めば,地域産業の構造や電力需要が変化する可能性がある.そのため,震災後の企業の立地動向や,産業復興の見通しを調査する必要がある.本調査は,アンケートにより,被災地域に立地する企業の被害状況,復旧状況,生産(事業)機能の再配置の意向等を把握することを目的とする.岩手県・宮城県の企業を対象として,2011年11月〜12月に実施したアンケート調査(有効回収票2669通,回収率20.8%)の分析結果から,以下のような知見が得られた.(1)津波によって被害を受けていない地域では,製造業の生産能力は,6か月後には,平均90〜100%の水準に回復している.その一方で,関連産業の被害や取引の変更などによって,震災による影響を受ける企業が多い.(2)平成23年から24年にかけて,生産(事業)機能の再配置を行う意向を持つ企業の割合は,どの産業でも10%ほどである.ただし,調査時点の見込みでは,東北地域を超えた立地変化があるケースは多くないことが示唆された.(3)当該事業所の被害程度が大きいほど,生産(事業)機能の再配置をする意向を持つ企業の割合が多い傾向が見られた.(4)生産機能の再配置を行う理由を回答した製造業の36社のうち,8社が「地域の復興計画やビジョンが定まっていないため」を挙げている.ただし,円高など震災以外の要因を理由に挙げる企業も多い.理由として電力供給制約を挙げた企業は,製造業で36社中4社,非製造業で123社中3社である.
[Abstract]
The 2011 Great East Japan Earthquake had severe impacts to the business activities in industry of the affected area. Companies in the affected area are facing a difficult condition for continuing their business after the disaster event including electric power supply constraint. Such condition leads to the potential for increasing relocations of the damaged companies. Given that such relocation continue to increase in the affected area, structure of the industry in the region may dramatically change after the earthquake. This paper aims at understanding the present status of the damage and recovery of the industrial sectors in the affected area including relocation of business companies. It provides basic information for prediction of the economic trend and electric power demand in the affected regions. This paper finds that, in the regions that were not affected by tsunami, companies are suffered from decrease in demand from customers although production capacities had recovered relatively quickly. In addition, we find that 10 % of the companies in the regions have plans to change their business locations during 2011-2012, which includes temporal changes. Although there are many factors that are not related to the earthquake, result of the survey suggests that the earthquake is likely to be one of the triggers for relocations of the companies in the affected regions.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

中野 一慶

社会経済研究所 経済・社会システム領域

梶谷 義雄

地球工学研究所

田頭 直人

社会経済研究所 経済・社会システム領域

人見 和美

社会経済研究所 経済・社会システム領域

多々納 裕一

京都大学 防災研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
東日本大震災 Great East Japan Earthquake
経済影響 Economic impact
生産機能の再配置 Relocation of production
事業所復旧 Business recovery
電力供給制約 Electric power supply constraint
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.