財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y11024
タイトル
福島第一原子力発電所事故が提起した我が国原子力損害賠償制度の課題とその克服に向けた制度改革の方向性
[Title]
Some Agenda of Japanese Nuclear Third Party Liability System arising from Fukushima Daiichi Nuclear Disaster and Proposal for the System Reformation
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
福島第一原子力発電所事故の損害賠償処理は,JCO臨界事故時とは全く異なる法制上の課題を提起した。法の要請により,現在,原賠法の抜本見直しを含む,原子力損害賠償制度改革に向けた議論が行われている。本報告書は,文献調査等により,JCO臨界事故時と比較した福島事故の賠償処理の特色から,それが提起する法制上の課題を明らかにし,制度要因を分析した。そして,分析結果を踏まえ,課題を克服する原子力損害賠償制度改革の方向性を,具体的制度選択肢とともに示した。
[Abstract]
Taking into account the impact of damage owing to the Fukushima Daiichi Nuclear Disaster, the argument of review on Japanese
nuclear third party liability system is carried out. As the Fukushima Disaster raised serious legal problems on Japanese nuclear third party liability system that the JCO critical accident did not present, fundamental reformation of the system may be carried out. This paper clarified and analyzed legal problems that Fukushima Disaster raised. In addition, in order to alleviate the problems, this paper showed two options to reform the nuclear compensation system.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

田邉 朋行

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

丸山 真弘

社会経済研究所 電気事業経営領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
福島第一原子力発電所事故 Fukushima Daiichi Nuclear Disaster
原賠法 The Law on Compensation for Nuclear Damage
原子力損害賠償支援機構法 The Law on Nuclear Damage Liability Facilitation Fund
原子力災害 Nuclear Disaster
原子力損害賠償責任 Nuclear Third Party Liability
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.