財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y11025
タイトル
風力電源大量導入を考慮した多地域・多時間帯の火力電源運用プログラムの提案
[Title]
The proposal of thermal generators operation pattern of multi-area cooperation with consideration of large penetration of wind power generators
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
世界各国で再生可能エネルギー電源の普及が進展する中,現状の供給信頼度水準を大幅に低下させることなく,再生可能エネルギー電源の予測し難い出力変動を考慮した電力系統の設備計画・運用手法の確立が望まれている。
本評価プログラムでは,欧米の設備計画・運用計画の調査結果に基づき,風力電源の変動出力を,需要変動として取り扱う。この需要変動に対し運転予備力の確保や電源の応答速度等の各種運用制約を考慮し火力電源の多時間経済運用を決定するプログラムを提案した。本プログラムに,多地域間で予備力や供給力の融通による多地域間協調による予備力確保メカニズムを組み込んだ。
本評価プログラムを用い,2地域間で予備力または供給力を融通する場合の予備力確保に要する火力電源の燃料費 (予備力確保コスト)の変化を評価した。風力電源の出力変動が,需給バランスを確保するためにピーク電源の削減にはつながらない。よって,運用計画の観点では,風力電源の供給能力は低いと言えよう。
[Abstract]
A lot of renewable power source will be installed into the power system. Renewable power generations like photovoltaic and wind power generations supply intermittent electricity by the weather conditions. Though large penetration and wide distribution of the intermittent generator may make the variability and uncertainty of the output a little smoother, photovoltaic and wind variability and uncertainty have significant impacts on power system operation and investment planning. The establishment for evaluation of investment planning and operation planning of power system with consideration of supply reliability and economic feasibility is hopeful all over the world. In this paper, we propose the evaluation program of maximum installed capacity of wind power generators and fuel cost considering operating reserve with consideration of wind variability and multi-area cooperation. Through numerical power system model, we found that large penetration of wind power generators can make the fuel cost higher than no wind power generators even if wind power generators supply maximum output, because the output of thermal generators are decided with consideration of uncertainty output of wind power generator. Furthermore we considered that interconnected power system operator supplies operating reserve or electricity. The cooperative operations have effect on maximum installed capacity of wind power generators and fuel cost of thermal generators. The effects are evaluated by our proposal program.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

古澤 健

社会経済研究所 電気事業経営領域

岡田 健司

社会経済研究所 電気事業経営領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
運転予備力 Operation Reserve
風力発電 Wind Power Generator
電力融通 Power Inter-trade
地域間協調 Multi-area Cooperation
予備力確保コスト Reserve Cost
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.