財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y11026
タイトル
電力供給地域における景気循環の構造変化
[Title]
Structural Changes in Regional Business Cycles in Japanese Power Supply Areas
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
Hayashida and Hewings (2009) では,マルコフ切替モデルを電力供給地域別の景気指数に適用することにより,地域ごとの景気転換点を分析した.彼らの分析によれば,地域景気循環の時系列変動に構造変化が生じている可能性を指摘している.「バブル経済」の崩壊以降に実施されてきた民間部門における構造調整の取り組み,あるいは,最近の世界的な金融混乱や東日本大震災といった大規模な外生的ショックの発生は,全国および地域における景気循環の時系列変動に構造変化を生じさせている可能性がある.

本稿では,拡張型のマルコフ切替モデルを当所が独自に開発を進めてきた電力供給地域別景気指数に適用し,全国および地域の景気循環の時系列変動に構造変化(景気拡張局面と後退局面の平均成長率のシフト)が生じたかどうかについて計量分析を実施した.その結果,得られた成果は以下の通りである.(i) 景気循環の構造変化の回数やそのタイミングは地域によって異なる.北海道,関西,九州では「バブル経済」崩壊後の 1991 年から 1992 年にかけて構造変化点が生じたのに対し,中部,中国,四国では崩壊後の経済調整が進展した時期と言える 1998 年から 2004 年の間に生じていた.(ii) 北海道,関西,九州における第 2 構造変化点後の振幅の縮小を除き,すべての地域,すべての構造変化点で振幅は拡大していることがわかった.
[Abstract]
Hayashida and Hewings (2009) have identified the turning points of regional business cycles in Japan by applying Markov switching model to the regional business indexes for the nine power supply areas. In their study, they have pointed out the possibility that the structural changes have existed in the process of regional business cycles. On the other hand, Watanabe (2009) has reported that there have been two structural breaks (Jul 1991 and Jul 2008) in Japanese nation-wide business cycles to apply the extended Markov switching model to the composite index which is constructed by the Cabinet office.

This paper has identified the unknown structural change points in regional business cycles in Japan, applying the extended Markov switching model suggested by Watanabe (2009) to the regional business indexes (Jan 1982 to Jul 2011) by power supply area which are uniquely constructed from three economic indicators of each region. It is found from our empirical results that (i) the timing of structural change points differs by region - Hokkaido, Kansai and Kyushu have two or three change points which are dated from 1991 to 1992 and in 2008, Tohoku, Kanto and Hokuriku have three change points which are dated around 1998 and 2004, in 2008 and in 2011, and Chubu, Chugoku and Shikoku have one change point which is dated in 2008, (ii) the amplitude of regional business cycles, which is measured by the difference of the average growth rate between the expansion and contraction phases, has enlarged as the structural changes have occurred.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

林田 元就

社会経済研究所 経済・社会システム領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
景気循環 Business cycles
地域経済 Regional economy
構造変化 Structural changes
マルコフ切替モデル Markov switching model
マルコフ連鎖モンテカルロ法 Morkov chain Monte Carlo method
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.