財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y11027
タイトル
東日本大震災・被災地におけるエネルギー利用実態調査−震災後1ヶ月間の在宅被災者の対応行動−
[Title]
Household energy use in the area devastated by the Great East Japan Earthquake
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
東日本大震災後の復興政策では、「災害に強い分散型エネルギー」導入が強調されている。しかし、震災のエネルギー途絶による被害の把握と、費用対効果を考慮した防災対策が不可欠であるが、十分な検証はされていない。本研究はアンケート調査によって、震災後1ヶ月間の被災三県(宮城・岩手・福島)の家庭部門におけるエネルギー途絶による被害の把握と、太陽光発電の自立運転(非常用電源機能)の運用実態を明らかにした。ヽ謄薀ぅ侫薀ぅ鵑龍ゝ訶喟笋班旧状況の整理:途絶率を比較すると、LPガスは震災直後の途絶率が最も小さかった。復旧が早かったのは、電力、LPガス、水道、都市ガス、灯油、ガソリンの順である。熱源別にみたライフライン供給途絶による影響と対応行動:停電期間中に暖房器具を用いた世帯の割合は、電気利用世帯35%、灯油利用世帯59%である。暖房が利用できた世帯では普段使っていない灯油ストーブの代替が多く観察された。一方で、利用できなかった世帯では、停電によるファンヒーターやエアコン等の利用停止が影響した。震災停電時における太陽光発電・自立運転機能の利用実態:停電時に自立運転を実施した世帯は設置世帯のうち7割で、携帯電話の充電等を試みた。ただし炊飯器・電子レンジ・テレビについては、実際には使用できなかった世帯が7〜9割で、非常用電源として必ずしも活用されたとは言えない。
[Abstract]
This study analyzes household energy use in the suffered area,Iwate, Miyagi,and Fukushima,of the Great East Japan Earthquake.Regarding supply disruption and rehabilitation of lifelines, propane gas was the least damage among lifelines. The order of recovery of utilities service is as followings; electric power, propane gas, water, city gas, kerosene gasoline. Secondly, we focused on alternate activity of energy use in household against lifeline disruption. More than 30% of household had heating during black out even electricity use as heat source. Kerosene stove was alternate heating appliance quickly becoming a substitute.Regarding hot water supply, the percentage of people who can take bath as usual was less than 20% during 3 days after the earthquake. Even with thermal source for hot water supply, water outage impacted hot-water supply. Thirdly, we evaluated the utilization of power output from photovoltaic operated at islanded mode during blackout. More than 70% of household which installed PV use emergency power supply function during the blackout. They charged battery of cell phone and use electric appliance, TV, microwave, and rice cooker. In fact, however, 70-90% of the household owner of PV installed could not use the appliances. It is hard to rely on PV asat islanded mode
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

朝野 賢司

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

齋藤 晋

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

杉山 大志

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
家庭のエネルギー利用 Energy use in household
アンケート調査 Questionnaire survey
ライフライン途絶 Lifeline disruption
対応行動 Alternate activity
太陽光発電の自立運転 Photovoltaic operation at islanded mode
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.