財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y11028
タイトル
COP17の結果と今後の温暖化対策の国際枠組み ―指導国なきGゼロ化する世界と2020年以降の新枠組みへの示唆―
[Title]
International Framework for Addressing Climate Change in a G-zero World
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
2011年12月にダーバン(南ア)で開催された気候変動枠組条約の第17回締約国会議(COP17)は、ダーバンプラットフォーム作業部会の創設を決定した。今後、2020年以降の新枠組みを同部会で検討し、2015年までの合意を目指すことになった。本報告では、COP17を含む温暖化対策の国際枠組みをめぐる最近の動向を、国際政治の構造変化の視点から読み解き、新たな論点として浮上した2020年以降の国際枠組みへの示唆を導いた。新興国の台頭に伴う国際政治の構造変化を捉える視点として、外交に関する最近の文献では、\菴聞颪了愼確歪祺次及び主権への制約を避ける新興国の台頭によって、G8もG20も機能しなくなる指導国なき「Gゼロの世界」と、⊃袈醜颪眄菴聞颪築いた国際秩序に加わることに利益を見出し、協調して諸課題の解決にあたるようになるという「多国間のルールを基盤とする国際秩序の拡大」が提示されている。COP17直前までの動きは、先進国は経済状況の悪化のため、国際的な温暖化対策を主導できず、一方で新興国は主権への制約を敬遠しており、Gゼロの状態と言えた。ボトムアップ型はこの状況に適合した枠組みだった。ダーバンプラットフォームは、Gゼロの世界の視点では、対立を糊塗した合意と解釈でき、多国間のルールを基盤とする国際秩序の視点では、法的拘束力のある国際協調に向かう転換点と解釈できる2020年以降の枠組みも、どちらの世界観に基づいて考えるかで全く異なるものになる。
[Abstract]
The 17th Conference of the Parties (COP17) of the United Nations Framework Convention on Climate Change decided to establish the Ad-hoc Working Group on Durban Platform for Enhanced Action, in which the Parties will negotiate a new framework after 2020 and decide it by 2015. This report aims to interpret the recent developments on negotiations, including COP17, from the perspectives of structural change of international relations. Recent rise of emerging economies is changing the overall structure of international relations. In the recent literature, there exist two fundamentally different views on interpretations of the structural change. The first view is a G-zero world, in which both G8 and G20 are not effective for dealing with global problems, since developed countries alone cannot sufficiently solve the problems, and since emerging economies are hesitant to be internationally constrained by joining multilateral efforts. The second view is expansion of a rule-based world order, in which emerging economies are gradually embedded in the liberal rule-based order Western countries have built since the end of the World War II. The situations up to COP17 can be characterized as a G-zero world, as emerging economies are hesitant to any binding agreement. On the other hand, the outcome of COP17, which opens the possibility of legal agreement applicable to all the Parties after 2020, may be a signal of transition to a rule-based system. However, since the text agreed at COP17 allows many other interpretations, huge uncertainty on future agreements still exist.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

上野 貴弘

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

杉山 大志

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
COP17 COP17
Gゼロ G-zero
ダーバンプラットフォーム Durban Platform
ポスト京都議定書 Post-2012 Regime
地球温暖化 Climate Change
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.