財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y11030
タイトル
米国における性能基準型物理的防護システムの構築手法と日本への含意−Sandia国立研究所の手法の検討を通じて−
[Title]
Design and Evaluation Method of Performance-based Physical Protection System of the U.S. and its Implications to Japan -based on the method of Sandia National Laboratories-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
国際原子力機関が整備を進めている核セキュリティシリーズの日本への取り込みを議論する過程において、核セキュリティ対策は、規範的方式、性能基準方式(防護措置が達成すべき性能の基準を規制行政機関が示し、事業者が防護の内容を設計し、その基準適合性を規制行政機関に立証する方式)又は両者を組み合わせた方式のいずれかによって適切に規制すべきであると指摘されている。しかし、性能基準方式を用いた核セキュリティの規制の本格的な導入は、日本ではまだ進んでいない。本報告では、日本に先んじて性能基準方式に関連する検討が進んでいる米国のSandia国立研究所の性能基準型(performance-based)物理的防護システム(Physical Protection System:PPS)構築手法を概観し、日本の現状分析を踏まえて、仮に同様の手法を日本に取り入れる際の考慮すべき課題についての含意を得ることを目的とする。
米国のSandia国立研究所で検討されている性能基準型PPS構築手法について概観し、特徴を整理した。また、概観した米国の手法を仮想事例に適用するとともに、日本の政策文書等を調査・分析し、同様の手法を日本に取り入れることを想定した際の課題を明らかにした。
[Abstract]
It is considered that nuclear security measures should be regulated by one of the following approaches: prescriptive approach, performance-based approach, or a combination of both approach. In Japan, however, performance-based approach has not been used in nuclear security regulation. This report looks at the design and evaluation method of performance-based physical protection system studied by Sandia National Laboratories of the United States and considers its implications to Japan. The results of this report are as follows:
1) The key points of the design and evaluation method of performance-based physical protection system of nuclear materials and nuclear facilities are summarized by reviewing the method studied by Sandia National Laboratories of the United States.
2) If the reviewed method of Sandia National Laboratories is introduced to Japan, the following problems should be discussed: (1) how to establish performance requirement of nuclear security regulation, (2) periodic performance testing of physical protection system, (3) cooperation with licensees and response forces to respond effectively to potential adversaries, (4) countermeasures to insiders, (5) appropriate establishment and operation of information management regime, (6) establishment of continuity between countermeasures to design basis threat and them to "beyond design basis threat".
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

稲村 智昌

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

田邉 朋行

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
核セキュリティ Nuclear Security
物理的防護(核物質防護) Physical Protection
性能基準方式 Performance-based Approach
リスク管理 Risk Management
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.