財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y11031
タイトル
中国はシェールガスの開発技術を獲得できるか
[Title]
Can China Acquire Technologies for Shale Gas Development?
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
シェールガス革命を可能にした技術力に注目し、中国がシェールガス開発技術を獲得できるかどうかを、中国語の技術文献を用いて分析した。その結果、中国においても、既に在来型の石油・天然ガス、および炭層メタンの開発で水平坑井や水圧破砕などの技術が用いられているが、シェールガス開発への適用にあたっては、個別技術の一部の水準が不十分であることに加えて、技術を組み合わせて生産を最適化する技術能力が不足していることが分かった。この状況を踏まえて、国有石油企業は、2020年以降の本格生産に向けて技術を獲得すべく、技術の自主開発と海外からの技術移転を加速させている。そこで、技術の獲得可能性を、新たな生産設備とそれを支える技術能力の蓄積に分けて考察した。生産設備については、関連製造業が既に存在し、不足する部分は輸入を促進するため、短期間で構築可能と見られる。一方、技術能力については、経験蓄積に基づくノウハウという特性上、経験を積む時間が必要となるが、米国の石油サービス会社への投資計画など、能力移転を加速させる動きもあり、短期間で獲得可能かは予断できなかった。
[Abstract]
Rapid expansion of shale gas production in the United States triggers expectation for shale gas development in China, since the resource potential in China is larger than one in the United States. The Chinese government shows a forecast that the production will take off by 2020. If China succeeds in the development, it will loosen the global supply-demand balance of natural gas. This report aims to analyze whether China can acquire technologies necessary for shale gas development, because technological advance made shale gas production occur in the United States. First, we analyzed the current technological status by surveying Chinese journal articles. As a result, we found that, although China already acquires respective technological components such as horizontal drilling and hydraulic fracturing through their experience in domestic oil and gas development, it still lacks the capacity to optimally consolidate them to maximize shale gas production. Then, we analyzed whether China can fill the technological gap, by considering recent efforts by national oil companies and their service companies to accelerate domestic technology development and technology transfer from foreign countries. As a consequence, we found that, since relevant manufacturers already exist domestically, new production capacity can be built in a short period without significant difficulty. At the same time, we also found that China could face difficulty in acquiring technological capacity for optimal production that is rooted in accumulation of actual experience, although Chinese oil companies seek to shorten the necessary time for gaining experience by collaborating with foreign companies.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

上野 貴弘

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

鄭方ティン

東京大学大学院法学政治学研究科

Jane Nakano

Center for Strategic and International Studies (米国)

星野 優子

社会経済研究所 エネルギー技術政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
シェールガス Shale Gas
中国 China
技術能力 Technological Capacity
技術移転 Technology Transfer
非在来型天然ガス Unconventional Natural Gas
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.