財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y11032
タイトル
電気自動車の家庭への普及ポテンシャル−航続距離・費用・充電設備からみた移行可能性−
[Title]
Potential Penetration of Electric Vehicles for Domestic Use under the Constraints of Mileage, Cost and Charger Infrastructure
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究では,自家用車の利用実態や電気自動車(EV)の購入意向等に関するアンケート調査結果を用いて,EVの課題である「航続距離の短さ」「費用の高さ」「充電設備設置の必要性」が,EVの家庭での購入・利用において阻害となる程度を把握した.具体的には,量産型EVの特性等に基づき設定した条件からEVへの移行可能性を検討した.EVに移行しても航続距離が制約とならず,運転者が求める航続距離が200km以内の車両は,全車両の4.7%であった.また,費用に関して運転者が要求する条件を満たす車両は18.4%である.充電条件を満たす車両は18.7%であり,航続距離と費用も加えた3条件を満たす車両は0.1%となった.航続距離300km・ガソリン車との価格差無しの場合は2.3%となり,技術開発の着実な進展による航続距離の延伸および車両価格の低下により,2020年の乗用車の普及目標3.7%に近づく可能性はあるが,それを超えるために,最大の阻害要因である航続距離のさらなる延伸が期待される.
[Abstract]
In order to reduce carbon dioxide emissions and oil dependence in the transportation sector, policies to promote electric vehicles (EVs) have been implemented by the government of Japan. However, the EVs are not in widespread use due to several demerits compared to gasoline-powered vehicles, such as shorter mileage, higher initial cost and installation of charger infrastructure. This study aims to identify the ratio of gasoline-powered vehicles that could be shifted to EVs by analyzing data of gasoline-powered vehicles, such as distance traveled, parking lots and owner-drivers' attitudes toward the EV performance and charger infrastructure, collected through web-based questionnaire survey in January 2011. Main findings are as follows:
1) Considering distance traveled in the past five years, approximately 30% of vehicles have no trouble with 200kms of the EV mileage. If we also consider drivers' requirements for mileage, vehicles that could be shifted are 4.7%. 2) Vehicles whose drivers are satisfied with the initial and driving costs of the EVs are 18.4%. 3) 18.7 % of vehicles could be charged at home without inconvenience. 4) The ratio of vehicles meeting all of above three requirements is 0.1 %. If the EV initial cost reduces to that of the gasoline-powered vehicle and the mileage per charge is extended from 200kms to 300kms, the ratio is 2.3 %, which is still lower than the goal of the year 2020 set by the government.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

土屋 依子

社会経済研究所 経済・社会システム領域

田頭 直人

社会経済研究所 経済・社会システム領域

馬場 健司

社会経済研究所 経済・社会システム領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
電気自動車 Electric Vehicle
家庭用 Domestic Use
航続距離 Mileage per Charge
充電設備 Charger Infrastructure
アンケート調査 Questionnaire Survey
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.