財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y12006
タイトル
LNG取引における価格交渉力強化の要因と先物市場の形成
[Title]
Factors to reinforce bargaining power in LNG trading and formation of LNG futures market
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
福島第一原子力発電所の事故以降、わが国では原子力発電の代替電源として火力発電の重要性が増し、LNGの輸入量が増加している。同時に輸入価格も上昇したため、燃料費の急増が電力会社の経営を圧迫している。この状況に対し、LNG売主に対するわが国事業者の価格交渉力が弱いことが問題であるとの指摘があり、交渉力を強化するためにオールジャパンで共同購入を進めるべき、上流事業に進出すべき、など様々な指摘がなされている。また、政府が現在検討しているLNG先物市場設立に対しても、LNGの輸入価格の低下を期待する発言も聞かれる。しかし、これらの妥当性については慎重な検証が必要である。
そこで本稿では、LNG調達における交渉力強化の要因とLNG先物市場が機能する要因について、LNG取引を行う電力会社、ガス会社、上流事業会社、商社の担当者(計14社31人)にインタビュー及びアンケート調査を行い、情報の整理を行うとともに、LNG取引において交渉力が有効に発揮されるタイミングや条件、また先物市場が有効に機能するための条件や対応策について評価を行った。
[Abstract]
Since the Great East Japan Earthquake and the accident at Fukushima-Daiichi nuclear power station, the importance of LNG has been increasing in Japan as an alternative source of power to nuclear. The increasing amount of imported LNG and the soaring price run up fuel cost for the electric utility industry, resulting in pressing financial conditions. When responding to this threat, it should be noted that the utility companies might suffer from lack of bargaining power against LNG sellers. In order to reinforce the bargaining power, some suggest their joint purchase of LNG as "All Japan" scheme, while others urge importance for LNG buyers to embark upon upstream businesses, with little evidences in most of the both arguments.
This study sorts out factual state of affairs on bargaining power of LNG based on hearing from practicians of LNG trades such as buyers, sellers and traders. The main findings are as follows.
- Opportunities to negotiate in the price are limited solely to the time when LNG projects get launched.
- It is true that buyers should retain alternatives such as diversification of energy sources and importing regions. While the former could be effective at any time, the latter is effective only when there are many launching projects due to the limited negotiation opportunities.
- Dealing larger quantities is not always effective in LNG trade. Many practicians recognize "All Japan procurement" will have problems because of conflict of interests among the parties.
- Involvement in upstream business might not have influence on lowing price, while it will be an effective measure to acquire cost information of the LNG project.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2012
発行年月 [Issued Year / Month]
2013/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

筒井 美樹

社会経済研究所 電気事業経営領域

遠藤 操

社会経済研究所 電気事業経営領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
価格交渉力 Bargaining power
LNG取引 LNG trading
多様化 Diversification
価格フォーミュラ Price formula
LNG先物市場 LNG Futures market
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.