財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y12008
タイトル
太陽光発電大量連系時の系統電圧制御に対するデマンドレスポンスの適用可能性−発動頻度と経済性の評価−
[Title]
Applicability of Demand Response to Voltage Control in Distribution System with large integration of PV - Evaluation of Frequencies and Economic Benefit -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
太陽光発電(PV)の急速な拡大は、我が国の電力系統システムの安定的な運用へ影響を及ぼすことが懸念されている。特に、PV連系に伴う配電系統への逆潮流は、深刻な電圧上昇問題を引き起こす。このような中、需要家端の電圧は電気事業法施行規則に基づき常時101±6Vの範囲内に維持されなければならないため、電力会社はこの電圧上昇問題への対策として、多くの設備投資に迫られている。このような状況をふまえて、著者らは、この電圧上昇問題に対してデマンドレスポンス(DR)を適用することの可能性に着目した。本稿で、著者らは経済性の観点から、同DRの適用可能性についてのシミュレーションを行った。これにより、同DRの発動に関する定量把握(DR発動日数、発動時間及び必要な抑制電力量など)や対策投資シミュレーションを通じた経済性の評価などを行った。
[Abstract]
The rapid increase of PV installation will force utilities to face problems how to operate stably the electric power systems. Especially, the reverse power flow from PV will bring about the voltage rise problem in distribution systems. Since the customer voltage is regulated to be maintained within the range from 95V to 107V in Japan, electric power companies have to invest in distribution systems to ensure the adequate voltage level. One possibility is to implement a demand response (DR) program as an alternative measure to the conventional power supply investment against the voltage rise problem. This report shows findings from our simulations on the economy of voltage control by DR in distribution system models with a high degree of PV penetration. First, we clarified quantitatively the operation days, operation time and the amount of reverse power flow to be reduced when exercising the DR program. We simulated about the expense which justifies investment in DR as a measure of voltage rationalization. In addition, we drew applicable conditions in the case of applying the DR. In conclusion, the findings which we acquired could be useful at the time of judging economic efficiency, when installing DR as a measure against voltage rationalization.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2012
発行年月 [Issued Year / Month]
2013/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

河村 清紀

社会経済研究所 エネルギー技術評価領域

加藤 力也

社会経済研究所 エネルギー技術評価領域

坂東 茂

社会経済研究所 エネルギー技術評価領域

高橋 雅仁

社会経済研究所 エネルギー技術評価領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
デマンドレスポンス Demand Response
費用便益分析 Cost-Benefit Analysis
太陽光発電 Photovoltaic Generator
配電系統 Distribution System
電圧制御 Voltage Control
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.