財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y12012
タイトル
2020年以降の温暖化対策の国際枠組み−論点の整理と新枠組みの類型の提示−
[Title]
Post-2020 International Regime for Addressing Climate Change- Issues and Possible Architectural Patterns -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
2011年のCOP17では、2020年以降の温暖化対策の国際枠組み(以下、新枠組み)を2015年までに採択するという交渉期限が設定された。新枠組みの検討は、気候変動枠組条約(UNFCCC)の下で2012年に開始され、2013年から本格化する。そこで、本報告では、検討の本格化に備えるため、論点を整理した上で、新枠組みの類型を提示する。
[Abstract]
The 17th Conference of the Parties of the United Nations Framework Convention on Climate Change in 2011 decided that, by 2015, the Parties shall decide on a new climate regime applicable for 2020 onward. In order to facilitate discussion on future agreements, we have examined (1) the forecast of carbon dioxide emissions from major economies, (2) preceding studies on long-term mitigation scenarios and (3) views on future agreements the Parties expressed in 2012. We find that, (1) in 2030, China, India, and Brazil are expected to collectively emit approximately 40% of global carbon dioxide emissions, unless they adopt further mitigation measures; (2) by allowing a temporal overshoot of the temperature and large-scale deployment of carbon dioxide removal in the latter half of this century, some recent studies show scenarios which have a higher range of emissions levels for the first half of the century but still contain the temperature increase beyond pre-industrial level within approximately two degrees Celsius; and (3) Parties have divergent views on whether the dichotomy of developed and developing countries should be maintained or revised and whether Parties' mitigation efforts should be determined internationally or domestically. Synthesizing these findings, we present four architectural patterns of the post-2020 climate regime, namely "Kyoto Plus," "Cancun Plus," "Technological Cooperation among Like-minded Countries," and "Risk Management."
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2012
発行年月 [Issued Year / Month]
2013/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

上野 貴弘

社会経済研究所 エネルギー技術評価領域

杉山 昌広

社会経済研究所 エネルギー技術評価領域

星野 優子

社会経済研究所 経済・社会システム領域

杉山 大志

社会経済研究所 エネルギー技術評価領域

筒井 純一

環境科学研究所 大気・海洋環境領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
地球温暖化 Climate Change
ダーバンプラットフォーム Durban Platform
2020年以降の温暖化枠組み Post-2020 Climate Regime
長期の排出削減シナリオ Long-term Mitigation Scenarios
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.