財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y12013
タイトル
我が国における原子力防災制度改革の動向と課題―フランスの原子力防災体制におけるステークホルダー関与の実態と我が国への教訓―
[Title]
Institutional Reforms of Nuclear Emergency Preparedness in Japan and its Challenges - Case Studies on Stakeholder Involvement in Establishing Nuclear Emergency Preparedness in France and its Implications for Japan-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告は、原子力防災関連制度の改正動向を踏まえ、近年我が国でも注目を集めているフランスの地域情報委員会(CLI)に着目し、今後の我が国における実効性ある原子力防災体制の構築に向けた、ステークホルダー関与のあり方についての示唆を得ることを目的とする。まず、我が国における原子力防災関連制度の改正動向について、ステークホルダー関与の観点から見た主要な変更点を指摘した。次に、フランスの原子力防災における地域情報委員会(CLI)関与の事例分析の結果、フランスCLIは、平常時の情報共有のみにとどまらず、防災計画の改定や事故後管理の方策検討における積極的な関与、立地地域関係者の関心喚起を目的とした計算機システム(OPAL)の開発・利用への関与、原子力防災訓練への参加と評価など、フランスの原子力防災体制の構築に幅広く関与していることを明らかにした。加えて、我が国における実効性ある原子力防災体制の構築に向けた留意点を提示した。
[Abstract]
Based upon the experiences with the accident of Fukushima Daiichi Nuclear Power Station, Japan is now making a comprehensive review of nuclear emergency preparedness. The Nuclear Regulation Authority of Japan has changed drastically its basic concept of nuclear emergency arrangements from their dependence on the prediction methods to advance planning-oriented arrangements. In order to implement such changes in an effective enough manner, this report examines how to improve stakeholder involvement focusing on the French cases, where the Local Information Commissions (CLI) plays a critical role, and thereby derives concrete lessons for Japan. Case studies on CLI's involvement in French nuclear emergency preparedness revealed the following implications for Japan;
i. Improving continuously the disaster prevention plans of local governments and of nuclear utilities thorough recursive cycles of disaster-preparedness drill and its evaluation for the benefits of local inhabitants,
ii. Setting appropriate ranges wherein local stakeholders involve constantly in establishing nuclear emergency preparedness without alienating completely other stakeholders,
iii. Utilizing the prediction systems not as a means to support decision-making in emergency situations but as a tool for facilitating stakeholder involvement in the phase of advance planning, and
iv. Integrating nuclear emergency preparedness into other disaster preventions for reducing complex and unrecognized risks.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2012
発行年月 [Issued Year / Month]
2013/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

菅原 慎悦

社会経済研究所 エネルギー技術評価領域

田邉 朋行

社会経済研究所 エネルギー技術評価領域

稲村 智昌

社会経済研究所 エネルギー技術評価領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
原子力防災 Nuclear Emergency Preparedness
防災計画 Contingency Plan
ステークホルダー関与 Stakeholder Involvement
地域情報委員会 Local Information Commission
フランス France
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.