財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y12014
タイトル
米国の電気事業における合併審査手法の現状と課題
[Title]
The Method of Merger Review for Electric Utilities in the United States
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
米国では,電気事業者が合併をする際に,エネルギー規制当局(Federal Energy Regulatory Commission, FERC) と競争政策当局であるDOJ/FTCが競争に与える影響を考慮した審査を行う。このうち,FERCが,電気事業者の特徴を考慮した合併審査の方法を構築してきている。これまでわが国では,FERCの手法の有効性や課題について十分に明らかにされてきていないものの,将来的には,電気事業の特徴を考慮した合併審査の方法という点から考察が必要となり得るだろう。
FERCは,合併事業者が競争に影響をおよぼす市場を画定する際に,引渡価格テスト (Delivered Price Test, DPT)という手法を使用している。FERCが引渡価格テストを使用しているのは,電力は,ほぼ同質財であるという特徴を考慮しているためである。この引渡価格テストでは,競争政策当局が使用する市場画定の方法よりも関連市場を広く画定する可能性がある。
また,発電事業者が合併をする場合,FERCの合併審査では,卸電力市場における価格引き上げの可能性を検証する。この検証においては,市場シェア基準や主要な供給者基準を合併審査に採用している。しかし,卸電力市場の需給の変化が激しい場合や送電制約が市場に大きな影響を及ぼす場合には,これらの基準を使用した計測結果が分析者によって大きく異なることが指摘されている。
こうした課題を克服するため,近年は, FERCの従来の画一的な分析方法ではなく,合併事業者の限界費用や需要の規模を考慮した分析方法の1つとして,競争的残差需要分析 (Competitive Residual Demand analysis,CRD)という手法が提案されている。この手法は,市場支配的事業者の獲得する利潤が最大になる価格を求めるものである。ただし,競争的残差需要分析では,合併事業者以外の供給者が供給抑制をする可能性を分析に反映しないため,実際よりも価格を過小評価する可能性がある。このため,競争的残差需要分析を行う場合には,その他の経済学的な合併シミュレーションも併せて行い,結果を比較しつつ使用することが望ましい。


[Abstract]
There are several differences in the way of merger screening for electricity utilities between competition authorities, i.e. the Department of Justice (DOJ) and energy regulatory authorities, i.e. the Federal Energy Regulatory Commission (FERC) in the Unites States. Those differences affect their final decisions regarding mergers.In the case of the merger between Duke Energy Corp. and Progress Energy Inc, the FERC required Duke and Progress to divest some of their power plants from the merged utilities while the DOJ accepted the merger without any remedies.
One of the unique aspects of FERC's procedure is the use of the Delivered Price Test(DPT), instead of the Small but Significant and Non transitory Increase in Price, SSNIP test for market definition, which is customarily used by the DOJ. The DPT is considered specific to electric utilities, which deals with homogeneous goods. Under the DPT, a relevant market becomes larger than the SSNIP test.
The FERC also uses original merger screenings. It uses a stricter safe harbor level than the DOJ. Additionally, it applies a market share test and pivotal supplier test to merging utilities. The reason for applying these screenings is to prevent merging electric utilities from withholding their supply. However, there is a possibility to make an error in the decision. The decision based on this kind of screening can be changed easily by the data.
As a counter proposal to the FERC's error, an economic analysis called Competitive Residual Demand, CRD, is suggested. This is a simple test, which uses the marginal cost and residual demand of merging utilities. This report argues that the FERC's screening reflects electricity specifications, though there is a risk to make a wrong decision. We should not rely only on its screening tools but also simulate the conduct of dominant utilities.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2012
発行年月 [Issued Year / Month]
2013/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

三枝 まどか

社会経済研究所 電気事業経営領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
合併シミュレーション Merger Simulation
市場支配力 Market Power
引渡価格テスト Delivered Price Test
水平合併 HorizontalMerger
米国 the United States
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.