財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y12020
タイトル
米国の卸電力市場の制度設計と課題−短期の市場の効率性と長期の供給力の確保−
[Title]
Issues in Market Design for Organized Wholesale Electricity Market in the US -Short-term Efficiency of the Market and Long-term Resource Adequacy
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告では,米国の独立系統運用者(ISO)または地域送電機関(RTO)が運用する組織化された卸電力市場の制度設計の現状と課題を調査した。これらの卸電力市場は,リアルタイム市場と前日市場からなるエネルギー市場,アンシラリーサービス市場および金融的送電権市場で構成されている。エネルギー市場では,系統制約を考慮した経済負荷配分が行われ,地点別価格が計算されて,またエネルギー市場とアンシラリーサービス市場は同時最適化を行い,供給信頼度を維持しつつ効率化を進める仕組みが導入されている。しかし,米国の卸電力市場は必ずしも市場原理を徹底させているわけではなく,系統信頼度の維持のためISO/RTOが市場の外で電源を調達することがある。また,市場支配力の抑制は重要亜課題だが,近年では抑制し過ぎとの意見も見られる。デマンドレスポンスや再生可能エネルギーの増加への対応も課題となっている。
また,容量市場は,存在するところとしないところがあるが,容量市場の制度設計は複雑で潜在的なリスクが大きいと考えられる。容量市場が社会的厚生を高めるものであることを示すことも重要となると同時に,容量市場だけでは長期的に必要とされる設備投資を促すものとなり得ない点に留意が必要である。
[Abstract]
This report reviews the market design of organized wholesale electricity market in Independent System Operator or Regional Transmission Organization (ISO/RTO). These U.S. organized wholesale electricity markets are typically consisted of energy markets (two-settlement system with real time market and day-ahead market), ancillary service market, and financial transmission right market. Energy market designs are similar, for example, in that they use bid-based security constrained economic dispatch with locational prices and co-optimize energy and ancillary service markets to achieve the least cost.
The operation of these markets, however, requires some administrative actions to maintain the short-term reliability and efficiency of the market. The system operators sometimes need to procure additional capacity after the closing of day-ahead market to meet the forecasted load. Monitoring the market and mitigation of the market power continues to be important and controversial. These markets also need to incorporate an increasing amount of the demand response resources and intermittent renewable generation, but this poses additional challenges in their market operation.
Some markets have capacity markets with mandatory capacity obligations while others do not. The design of the capacity market tends to be complex and the transition of the well-functioning capacity market is still underway. It is important to indicate that the capacity market would improve social welfare; otherwise the risk of overpayment to generator attracts criticism from stakeholders. There is also the risk of underpayment to generators as well.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2012
発行年月 [Issued Year / Month]
2013/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

服部 徹

社会経済研究所 電気事業経営領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
卸電力市場 Wholesale Electricty Market
リアルタイム市場 Real-time Market
前日市場 Day-ahead Market
容量市場 Capacity Market
米国 United States
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.