財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y12025
タイトル
オフィスビルを対象にしたデマンドレスポンス制御の実証試験−自動DRと手動DRの比較−
[Title]
A Field Test of Demand Responsive Load Controls in Japanese Office Building: Comparison of Effectiveness and Impact between Automated DR and Manual DR
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
2012年夏季に、首都圏にあるオフィスビル1棟(電力デマンド値200kW)を対象に、自動DRと手動DRの実証試験を行った。自動DRでは空調・照明機器を遠隔から自動制御する。一方、手動DRではDR通知を受けた執務者が手動で同機器を制御する。試験結果に基づき、両DRの需要家側の受容性や費用対効果を明らかにし、今後の検討課題を抽出した。
(1)自動DRは確実に負荷制御できるが、手動DRの負荷制御にはばらつきが見られ、自動DR並に負荷抑制できた場合と抑制できなかった場合があった。
一方、手動DRは、自動DRと異なり、執務者の作業効率感が低下しない傾向が見られた。これは、手動DRでは、執務者自身が室内の状況を見ながら自分たちにとって望ましい空調温度緩和や照度抑制を設定できるためであると解釈できる。(2)中小オフィスビル向けDRの需要家側の費用便益額を試算・比較した結果、制御設備に依拠する自動DRは費用対効果が高くないことが分かった。制御設備導入コストの削減や作業効率を低下させずに負荷抑制量を増やすDR制御技術を開発する必要がある。一方、手動DRは、実施コストが安く需要家側の費用対効果は高いが、負荷抑制の確実性を上げる方策が必要である。
[Abstract]
To explore the possibility of implementation of demand response (DR) program for commercial buildings, we studied the load impact and customers' acceptance of automated DR(ADR) and manual DR(MDR) controls through a field test of the DR controls for an actual office building, which has been conducted in summer 2012. For ADR-controlled floors, air-conditioners and lighting systems are controlled automatically without building managers to reduce the load during DR hours, however, for MDR-controlled floors, the equipments should be controlled manually by office workers themselves to reduce the load when they are notified of the DR event call.
Experiment results show that, ADR can control the electricity-consuming equipments with certainty but very likely decreases the subjective working efficiency of workers in the controlled area. On the other hand, MDR has some uncertainty about the load reduction, but it seems not to reduce the subjective working efficiency. According to our calculation, MDR might be more cost-effective approach in DR for small or medium size office buildings than ADR, though an issue on certainty of the MDR control remains. To make ADR cost effective, we needs less expensive building energy management control systems or advanced ADR control techniques yielding more peak load reduction and less working inefficiency.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2012
発行年月 [Issued Year / Month]
2013/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

高橋 雅仁

社会経済研究所 エネルギー技術評価領域

上野 剛

システム技術研究所 需要家システム領域

坂東 茂

社会経済研究所 エネルギー技術評価領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
デマンドレスポンス Demand response
実証試験 Field test
オフィスビル Office building
受容性 Customers' acceptance
費用対効果 Costs and benefits
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.