財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y12029
タイトル
電気自動車・プラグインハイブリッド車の利用実態と利用者意識
[Title]
A User Survey of Plug-in Hybrid and Battery Electric Vehicles
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
電気自動車(EV)およびプラグインハイブリッド車(PHV)の様々な普及促進策が講じられている。本研究は、普及初期のEVおよびプラグインハイブリッド車(PHV)の家庭での利用者を対象としたアンケート調査により、購入前後の評価や電気の契約状況等、EV/PHVの利用に関する基礎的な情報を幅広く収集し、EVおよびPHV普及策の検討に資する知見を得ることを目的とする。EV/PHV双方で、購入前では「走行費用の安さ」に期待していた回答者が最も多く、購入後に満足している者も9割を超えており、走行費用はEV/PHVの普及を図る上で最大の訴求点であることがわかった。ただし、EVの「航続距離の短さ」に対しては、購入後に不満を有する回答者が8割を超えており、航続距離の延伸は最大の課題であることが確認された。また、多くの回答者が深夜割引料金契約に加入しており、同契約の加入者がEV/PHVの潜在的な購入層である可能性が明らかとなった。
[Abstract]
The objective of the present report is to investigate actual use conditions and users' impressions of plug-in electric vehicles (PEVs) such as battery electric vehicles (BEVs) and plug-in hybrids (PHVs). We conducted a questionnaire survey of private PEV users around Japan, obtaining 148 valid responses. Almost all of BEV users are satisfied with 'lower driving costs' and 'reduction in driving noises' compared to those of gasoline-fueled cars, as they expected before the purchase of BEVs. 'Powerful acceleration' is evaluated more positively than prior expectation. However, about 80% of users are not satisfied with 'driving distance range per charge' and 'the number of charging points away from home.' These results also apply to PHV users except for the distance range. We also show electric rate options of PEV users. About 70% of users living in detached houses participate in time-of-use rates with nighttime discounts, only a quarter of whom having changed their electric rates at the time of purchasing PEVs. Therefore, participants in time-of-use rates could be potential users of PEVs.
As these results are obtained from a relatively small sample size, we will have to conduct another questionnaire survey of a larger sample size in the future in order to examine above results.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2012
発行年月 [Issued Year / Month]
2013/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

田頭 直人

社会経済研究所 経済・社会システム領域

池谷 知彦

材料科学研究所

高木 雅昭

社会経済研究所 経済・社会システム領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
電気自動車 Battery Electric Vehicles
プラグインハイブリッド車 Plug-in Hybrid Vehicles
アンケート調査 Questionnaire Survey
自家用車 Private Vehicles
電気料金契約 Electric Rate Options
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.