財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y13005
タイトル
英国における小売全面自由化後の競争評価と競争促進策の課題
[Title]
A Survey of Ofgem's Review of the Electricity Retail Market Competition in Great Britain
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
わが国では,小売自由化実施後の料金規制の廃止に向けて,需要家が競争の便益を受けられる環境を確保するために,競争評価を行うことになっている。そして,当面の競争評価の指標として,電力システム改革専門委員会のワーキンググループで,市場シェアや既存事業者の供給地域外への参入状況などの5つの指標が提案されている。また,料金規制廃止後も,自由化された市場において,需要家に便益がもたらされるよう,競争が有効に機能するためには,競争評価を継続することになるだろう。
しかし,英国の事例を見るように,電力の小売市場の競争評価は,決して容易ではない。容易でないことの1つの理由は,新規事業者の参入が少ない中で,経済学や産業組織論で一般的に使用されてきた,市場シェアや価格水準などの指標のみでは,電力市場の競争の実態を捉えにくい点にある。このような課題について,英国は,競争評価を実施した当初から,需要家を対象とした定性的なアンケート調査を実施し,理論的な指標を補足する工夫を行ってきた。そこでは,需要家が積極的に既存事業者を選択しているのかという点や,料金比較の分かりやすさなど,需要家便益を具体的にとらえる試みが見られた。このような試みは,小売自由化の目的が,需要家便益の増大であるならば,参考になると思われる。
さらに,競争の本格化に伴う,事業者の価格戦略の複雑化も,競争の実態の評価を難しくする。競争下における価格戦略については,経済学や制度設計の専門的知見を活用した分析が求められよう。わが国では,燃料調達のための費用が,今後もしばらく上昇する可能性が高い。また,再生可能エネルギーの導入促進策も,供給コストを引き上げる可能性がある。わが国で今後行う競争評価は,現在の英国が直面しているように,決して容易ではなく,試行錯誤が求められよう。
[Abstract]
In Japan, price regulation will remain for domestic consumers, while a full-liberalization of the electricity market will launch in 2016. The removal of price regulation is determined by assessing the competition of retail market. The process is similar to the system in Great Britain where the energy regulator, Ofgem, has been assessing electricity retail market competition in order to make a decision to remove the price regulation for domestic consumers. They have used not only quantitative indicators to measure the competitiveness of the market, such as market shares or switching rates, but also qualitative indicators such as consumers' satisfaction or their reasons for switching suppliers.
To evaluate whether market share is useful to assess the market power of an incumbent, we analyzed the relationship between market share and the price cost margin. In theory it is predicted that price cost margin is positively related to the market share. However, our observation suggests that there is no relationship between them. It means that market share alone is not useful to assess the retail market competition, and qualitative indicators might be needed in competition review.
Since 2008, Ofgem has changed the indicators, because it became difficult to assess the competition appropriately with the former indicators under high energy costs. Ofgem has been relying more on qualitative indicators, though we found it difficult to set appropriate qualitative indicators. For instance, as a retail market remedy, Ofgem limits the numbers of tariffs, while it sets qualitative indicators to evaluate the innovative tariffs with new business models for consumers. Obviously these two actions are contradicting each other. Setting qualitative indicators is a complicated task for regulators.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2013
発行年月 [Issued Year / Month]
2014/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

澤部 まどか

社会経済研究所 電気事業経営領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
全面自由化 Full-liberalization
競争評価 Retail market review
市場支配力 Market power
競争政策 Competition policy
英国 Great Britain
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.