財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y13008
タイトル
電力小売自由化後の家庭の供給者変更行動と情報探索の役割−欧州および日本の家庭用需要家を対象にした調査・分析−
[Title]
Residential customers' supplier switching and information searching behavior after electricity retail liberalization in Europe and Japan
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
欧州の文献資料および日本の国内アンケート調査により、家庭の供給者・料金メニュー選択行動を分析し、以下の知見を得た。
1. EU15ヶ国では、供給者間の料金差が実際の供給者変更に影響を及ぼす傾向が見られるものの、オーストリアなど、料金差があるにもかかわらず供給者変更率が低い国もある。これは、家庭にとって自由化の認知度が低いうえに供給者選択が容易でない状況にあることが一因である。供給者変更率の高い英国では、料金メニュー比較サイトの利用が増えてきており、家庭が効率的な情報探索を可能とするツールを重視していることがうかがえる。
2. わが国の一般電気事業者や電気料金に対する家庭の満足度は東日本大震災後に低下しており、小売自由化後に供給者を変更したいと考える家庭は震災前と比べて増えている。他方、震災後に料金メニューの変更を検討した家庭は9%と少数で、約9割の家庭はその変更を検討していない。料金メニューを選択できることを認識していないことが一因であり、日常的に料金メニュー探索を意識するような情報提供が重要である。また、変更を検討したものの結果として変更しなかった家庭は7%存在する。この背景には料金メニューの複雑さや変更手続きの手間、適切なものを選択できない不安感などがある。
[Abstract]
Residential customers' awareness of new electricity tariffs and services through information searching from sales persons, WEB sites and other sources of their electric power suppliers is important for success of electricity retail competition. In this respect, the trends and experiences of liberalized electricity markets in European countries, as well as customers' switching behavior of electricity tariffs in Japan, serve as useful references. In this report, we surveyed various factors of customer switching in EU countries and investigated preferences for electric power suppliers based on questionnaire to 5,348 residential customers in Japan. The main results are as follows.
1. With regard to residential customers' supplier switching after electricity liberalization in EU countries, the trends of switching rates in multi-years increased in the potential savings and easiness of switching suppliers. Great Britain is leading the world in electricity customer switching. Many residential customers in the GB changed their suppliers by the doorstep salespersons in the 2000s. Recently the trends on sources of information for switching have been identified with more use of online web comparison services and phoning the suppliers.
2. We confirmed that more residential customers in Japan after the Great East Japan Earthquake in 2011 would intend to change their electricity suppliers immediately if retail competition is introduced. However, only 1% of residential customers eventually settled new electricity tariffs after the Great East Japan Earthquake, though levels of satisfaction of residential customers with electric power companies have been degraded. About 7% customers considered whether to switch a new tariff but later gave it up due to the problems of sign-up procedures and tariffs' complexities.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2013
発行年月 [Issued Year / Month]
2014/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

蟻生 俊夫

社会経済研究所

後藤 久典

社会経済研究所 電気事業経営領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
電力小売自由化 Electricity retail competition
家庭用需要家 Residential customers
供給者変更行動 Customer switching behavior
顧客満足度 Customer satisfaction
料金メニュー Electricity tariff
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.