財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y13009
タイトル
電気自動車による地域別充電負荷の推計―日中の充電行動を考慮して―
[Title]
An Estimation of Electric Vehicle Load Profiles in Service Areas of Ten Electric Power Companies in Japan
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究は、電力会社の供給区域別に、電気自動車(EV)による日中の充電負荷を推計し、電力システムへの影響や太陽光発電(PV)の余剰電力対策の検討に資する基礎的な知見を得ることを目的とする。具体的には、道路交通センサスのオーナーインタビュー起終点調査データより得られる走行・駐車パターンを用いて、商業施設や勤務先等の移動目的地での充電行動も考慮し、1分間隔の充電負荷を推計した。平日では商業施設での充電負荷は小さいが、勤務先での充電が可能な場合、出勤後の朝に充電負荷が最大となる可能性がある。休日では、出勤する車両は少なく、商業施設での充電負荷が大きい。充電負荷以外の夕方の電力負荷が大きい地域では、充電負荷が年間最大負荷を増加させる可能性がある一方で、朝の充電負荷は、充電負荷以外の電力負荷が小さいため、年間最大負荷に影響を及ぼす可能性は小さい。PVの余剰電力が問題となる休日の昼間の充電量は、2〜12GWh程度であり、充電量をより増加させる場合、充電時間帯の制御が必要となる。さらには、終日停車している車両(全車両の5割)の空き容量の活用も検討する必要がある。
[Abstract]
This report aims at estimating daily load profiles of plug-in electric vehicle (EV) charging in service areas of ten regional electric power companies in Japan. Using the road traffic census data on passenger vehicles, we reveal the charging load at 30% EV penetration.
Assuming that EVs are charged at their garages in the daytime, we show that the load profile on weekdays has three peaks in each area and that the highest occurs in the evening. In areas where the original evening peaks are high, such as Hokkaido, the charges in the evening increase annual maximum loads. When EVs can also be charged at their offices after commuting, the charging peak in the morning becomes higher, though the total load in the morning does not exceed the annual maximum load.
On weekends, a highest charging peak occurs in the evening, which is lower than that on weekdays. We assume another charging scenario for weekends where charging loads in the daytime are increased in order to consume power generated from photovoltaic (PV) systems. If we can effectively employ EVs parked all day, which account for 50% of all EVs, they would improve the situation with their large charging potential to consume power from PV systems.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2013
発行年月 [Issued Year / Month]
2014/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

田頭 直人

社会経済研究所 経済・社会システム領域

高木 雅昭

社会経済研究所 経済・社会システム領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
電気自動車 Battery Electric Vehicles
プラグインハイブリッド車 Plug-in Hybrid Vehicles
充電負荷 Charging load
自家用乗用車 Private Passenger Vehicles
太陽光発電 Photovoltaic Generation
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.