財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y13012
タイトル
世界の褐炭の需給動向とインドネシア・豪州の炭鉱別資源量等に関する調査
[Title]
A Survey of worldwide supply and demand trend of lignite and the barriers of lignite mines in Indonesia and Australia
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究では、世界の褐炭の生産状況や資源量、品質等を把握した上で、産炭国以外での褐炭利用が想定されているインドネシアと豪州を対象に、炭鉱別の推定資源量・品質及び輸送手段、課題等について整理し、将来における産炭国以外での利用可能性を探ることを目的とした。主な成果は以下の通りである。2011年の生産量は世界全体で1,271百万tとなり、国別ではインドネシア、ドイツ、中国が年間1億トン以上生産している。褐炭は水分含有量が多く自然発火性が強いため、ほとんどの国は国内での利用が中心であるが、2010年頃からインドネシアは中国やインドに向けて褐炭の輸出量を増加させている。一方、米国は4.3千億トン、豪州は2.2千億トンの資源量が推定されており、国外輸出に向けたインフラ整備等の検討はされているが、今のところほとんど実施されていない。両国の炭鉱毎に推定資源量と石炭品質を調査・整理した。炭鉱別にみるとインドネシアは中小規模、豪州は大規模な炭鉱が多いことから、同一炭種を大量に国外輸出する場合には豪州が有利といえる。石炭品質については、両国ともに硫黄分と灰分が広く利用されている瀝青炭と同等あるいは低い炭鉱が多いことから、環境対策コスト低減の観点から利用上のメリットがあると考えられる。しかし、両国ともに水分含有率が高く、特に豪州は60%前後と高いことから、効率的に脱水する技術開発が急務といえる。文献調査及び地図情報解析をもとに炭鉱から最寄りの港までの輸送手段の整備状況を比較して、褐炭輸送の課題を探った。インドネシアでは、バージ船による河川輸送と沖合積込みが主流となるため、天候等の変化が輸送に影響を及ぼす。豪州はほとんどの炭鉱で鉄道輸送が可能であるが、褐炭輸送によって増加する輸送需要に対応するための追加投資が必要となる等の課題があることがわかった。
[Abstract]
Technologies for utilizing low grade coal, which has not used in the Japanese power plants, are developing to prepare possible market tightness of high grade coal. This report first discusses productions, resource endowments and qualities of lignite in the producing countries in the world. According to the major statistics, the followings are observed: (1) Germany, Australia, USA and Canada are atop with minable lignite resource depositions. (2) Total production of lignite was 1,271 million ton in 2011. Indonesia, Germany and China had the largest shares. (3) The low prices of lignite was the main driver to promote its demands in those major consuming countries, such as China and India.
This report also examined the Indonesian and the Australian mines in terms of resource depositions, quality as well as their transportation challenges. Literature survey reveals: (1) The dimensions of mines in Indonesia were smaller than those of the Australian mines from the viewpoint of ratio of coal mines whose deposit is under 100 million ton. (2) Many mines are found in both countries suitable for Japanese power plants requiring low sulfur content. (3) The main transportation modes in Indonesia are river barges and off-shore transshipment, which are subject to weather. Although the main transportation mode in Australia is railways, the terminal facilities for coal shipment are not sufficient. (4) Developing upgrade technologies in Australia and construction of infrastructure in Indonesia are the immediate challenges for exporting at affordable costs.  
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2013
発行年月 [Issued Year / Month]
2014/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

井内 正直

社会経済研究所 エネルギー技術評価領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
低品位炭 Low grade coal
褐炭 Lignite
炭鉱 Mine
資源量 Resources Deposition
輸送インフラ Transport Infrastructure
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.