財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y13017
タイトル
小売全面自由化後の家庭用需要家による規制料金と自由料金の選択要因の分析
[Title]
An Analysis on Residential Customers' Choices between Regulated Tariffs and Market Based Tariffs after Liberalization of Retail Electricity Market
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
わが国では2016年に実施予定の小売全面自由化の開始直後、経過措置として規制の下で定められる料金(規制料金)が残り、規制のない自由料金と併存する予定である。欧米では、規制料金の制度設計次第で多くの家庭用需要家が規制料金にとどまり、競争の進展が阻害される可能性があると指摘されている。
本報告では、わが国家庭用需要家の自由化や料金規制に対する意識、規制料金の契約条件が、経過措置期間における規制料金と自由料金の選択に与える影響について、家庭用需要家アンケート調査にもとづき分析した。その上で、自由料金への移行促進のための課題と対応策について検討した。その結果、以下の知見を得た。
1. 家庭の4〜5割が料金低下や料金メニューの多様化などの点で自由化に期待する一方、料金規制の撤廃に不安を感じる家庭も約4割存在している。
2. 規制料金の条件が選択に与える影響を実験的に分析した結果、規制料金の値上げ時に政府がコスト削減状況を査定することを需要家が認識すると、自由料金の選択が阻害される可能性があることがわかった。これは、規制料金を選択すれば値上げから守られるといった印象を需要家が抱くためと考えられる。
3. 全面自由化直後など規制料金による需要家保護が必要とされる中では、需要家保護と両立する自由料金の選択促進策が求められる。この手段としては、自由料金から規制料金への回帰を認めることや自由化への懸念を解消することが有効である。
[Abstract]
A large number of residential customers do not choose market based tariffs under existence of regulated retail tariffs in Europe, which could prevent retail competition. It is important to understand residential customers' preferences and possible choices under existence of regulated tariffs after retail electricity market is fully liberalized in Japan. This study analyzes customers' attitudes towards liberalization and price regulation and residential customers' choices under existence of regulated tariffs based on customers' questionnaire survey (8,046 respondents) conducted in December, 2013. The results are summarized as follows.
(1) Approximately 40 percent of residential customers hope that electricity rate would decrease by liberalization in Japan. On the other hand, residential customers are also concerned about that they might not be protected by an increase and fluctuation in retail electricity price, which would be determined based on market competition without price regulation.
(2) Residential customers would not be likely to choose market based tariffs when customers recognize that regulated tariffs are approved by the Japanese energy regulator, because they would have an impression to be protected by choosing the latter.
(3) It would be effective to allow customers to switch to regulated tariffs even after they would once choose market based tariffs, in order to invite customers to switch to market based tariffs. It is also important to resolve customers' anxiety about liberalization to promote customers' switching.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2013
発行年月 [Issued Year / Month]
2014/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

後藤 久典

社会経済研究所 電気事業経営領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
電気料金 Electricity rate
電力小売自由化 Liberalization of retail electricity market
家庭用需要家 Residential customer
規制料金 Regulated tariff
消費者行動 Consumer behavior
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.