財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y86001
タイトル
地域振興の制約と打開策−地域振興の構成要素と成功の要件−
[Title]
STUDY ON THE MEASURES FOR SOLVING A REGIONALDEVELOPMENT PROBLEM-SOME KEYS TO SUCCESS OF REGIONAL DEVELOPMENT-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
地域振興の成功の秘訣を見出すために,全国16市町村の地域振興事例について調査し,KJ法による分析を行った。その結果,まず地域振興にかかわる行動や策等のデータは,「地域振興の要件」,「目標」,「基本的な考え方」,「障害」の4つの大きな構成要素に整理されることがわかった。そして,(1)地域振興を成功に導くための要件は16あること,(2)地域振興の目標としては経済的発展以外のものがかなり重視されていること,(3)地域振興には6つの基本的な考え方があること,(4.地域振興を進めて行く上で特に留意しておかなければならない障害が6つあること,を発見した。さらに,16の要件を満たして行くには地域振興の状況にあわせた一定の手順があり,それはほぼ地域の5つの発展段階に対応させて考えることができた。最後に16の要件を満たすためによく使われる考え方・方策を各発展段階ごとに整理して,地域振興の秘訣として提示した
[Abstract]
TO FIND OUT SOME KEYS TO SUCCESS OF REGIONALDEVELOPMENT,WE ANALYZED 16 REGIONAL DEVELOPMENT EXAMPLES IN JAPAN. MAIN RESULTS ARE AS FOLLOWS: FIRSTLY,WE CLASSIFIED VARIOUS DATA OF EXAMPLES INTO 4 STRUCTURAL ELEMENTS;CONDITIONS TO SUCCESS,PURPOSES OF REGIONALDEVELOPMENT,WAYS OF THINKING,AND OBSTACLES. ALSO WE RECOGNIZED THAT 16CONDITIONS,3 PURPOSES,6 WAYS OF THINKING,AND 6 OBSTACLES SHOULD BE PAID SERIOUS ATTENTIONS IN REGIONAL DEVELOPMENT. SECONDLY,THESE CONDITIONSCOULD BE ARRANGED ALONG 5 GROWTH STAGES OF REGIONAL DEVELOPMENT. LASTLY,IN THIS REPORT,WE SUGGESTED SOME KEYS TO SUCCESS,SHOWING MINUTE DATA OF EXAMPLES FOR EACH GROWTH STAGE.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1986
発行年月 [Issued Year / Month]
1987/09
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

山中 芳朗

経済研究所経済部社会環境研究室

井口 典夫

経済研究所経済部社会環境研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
地域振興 REGIONAL DEVELOPMENT
まちづくり KJ METHOD
むらおこし KEYS TO SUCCESS
KJ法
成功の秘訣
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.