財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y86003
タイトル
知識整理支援システムCONSISTの開発
[Title]
DEVELOPMENT OF A KNOWLEDGE ACQUISITION SUPPORT SYSTEM CONSIST .
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
知識ベースシステムの開発においては,専門家から知識を集めて,それをベースとして利用できる形に整理する必要がある。大規模なシステムを開発するには,この知識整理過程を支援する適切な知識整理手法と支援システムが不可欠である。一般に,知識整理に際しては,その初期段階においては知識整理のための適切な観点がはっきりしていない。専門家のもつ知識に現れる項目や項目間の関係について,いくつかの観点に着目して整理を進めるうちに,最終的に,対象とする問題のための知識ベースシステムに適した整理の観点を得るという特徴が知識整理過程にはある。本報告は,このような特徴に適した知識ベースシステム開発のための知識整理手法とこの整理手法を支援するシステムCONSIST(asystemforCONstructionSupportofInformationS
[Abstract]
IN THE DEVELOPMENT OF KNOWLEDGE-BASED SYSTEMS,KNOWLEDGE ENGINEERS SHOULD GATHER PIECES OF KNOWLEDGE FROM DOMAIN EXPERTS AND RE-ORGANIZE THEM TO BE USABLE AS KNOWLEDGEBASES. TO DEVELOP LARGE SYSTEMS,IT IS INDISPENSABLE TO SUPPORT THIS RE-ORGANIZATION PROCESSWITH PROPER DEVELOPMENT METHODOLOGY AND TOOLS. THE RE-ORGANIZATION PROCESS HAS THE FOLLOWING FEATURE:AT THE BEGINNING OF IT,THE KNOWLEDGE ENGINEER USUALLY HAS LITTLE FIXED POINT OF VIEW TO RE-ORGANIZE THE KNOWLEDGE. ALONG WITH ITS PROGRESS,HE FINDS VARIOUS VIEWPOINTS(WHICH DIFFER INKINDS OF FOCUSED RELATIONS AND LEVELS OF ABSTRACTION)AND TRIES TO RE-ORGANIZE KNOWLEDGE UNDER THE VIEWPOINTS. FINALLY,HE CHOOSES A PROPER VIEWPOINT AND CONSTRUCTS KNOWLEDGE-BASES FROM THE KNOWLEDGE FROM THIS VIEWPOINT. THIS REPORT DESCRIBES A KNOWLEDGE ACQUISITION METHOD WHICH IS SUITABLE FOR THE ABOVE FEATURE AND A SYSTEM CONSIST (A SYSTEM FOR CONSTRUCTION SUPPORT OF INFORMATION STRUCTURE)TO SUPPORT THIS METHOD. USING CONSIST,THE KNOWLEDGE ENGINEER CAN FREELY SELECT VARIOUS VIEWPOINTS,AND HE CAN CHECK VISUALLY THE CONSISTENCY OF KNOWLEDGE AND FIND OUT OVERLOOKED RELATIONS FROM THE SELECTED VIEWPOINT. IT IS ALSO POSSIBLE TO TRANSLATE THE KNOWLEDGE THUS DEVELOPED WITH CONSIST INTO FRAMES OR RULES CONSTRUCTING KNOWLEDGE-BASES.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1986
発行年月 [Issued Year / Month]
1987/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

篠原 靖志

経済研究所情報システム部知識処理研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
知識獲得 KNOWLEDGE AQUISITION METHOD
知識ベースシステム KNOWLEDGE BASED SYSTEM
エキスパートシステム EXPART SYSTEM
KJ法 KJ METHOD
知識表現 TRANSLATION OF THE KNOWLEDGE
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.