財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y87009
タイトル
火力発電所のシステム熱効率分析−複合発電の導入効果について−
[Title]
ANALYSIS OF SYSTEM THERMAL EFFICIENCY ON THERMAL POWER PLANTS -INTRODUCING EFFECTS OF COMBINED CYCLE SYSTEM-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
火力発電の燃料消費量に大きく影響するシステム熱効率を予測するためのシミュレーションモデルを開発し,わが国の電源構成における高効率の複合発電の導入による燃料の節約効果について分析した。主要な結果は以下に要約される。■複合発電の導入により,2015年度末時点でのシステム熱効率は42.1%となり,これは複合発電を全く導入しない場合と比較して4.2ポイント高い。また,複合発電を導入しない限りシステム熱効率の現状からの飛躍的な改善は望めない。■感度解析の結果,システム熱効率を改善するために特に重要な課題として・高効率設備を有効に利用するための設備利用率上限の改善・今後新設される複合発電の熱効率と導入規模がシステム熱効率に与える影響が甚大なことから,複合発電技術の熱効率改善のための技術開発と複合発電導入の積極適に推進の2つがあげられる。■将来冷房需要の増大等による年負荷率の低下傾向の継続が懸念
[Abstract]
THE ADVANCED THERMAL POWER TECHNOLOGIES HAVEBEEN DEVELOPED TO IMPROVE PLANT EFFICIENCIES SINCE THE OIL EMBARGO IN THE 1970 S BECAUSE THEY CAN SAVE OIL CONSUMPTION THAT CONTRIBUTE TO THEENERGY INDEPENDENCE IN JAPAN. IN RECENT YEARS, HOWEVER,THERMAL POWER TECHNOLOGIES ARE INEVITABLE TO DISPATCH SO OFTEN THE LOAD FOLLOWING THATTHE PLANTS ARE FORCED TO BE OPERATED IN LESS EFFICIENCY THAN A RATED ONE. THIS KIND OF DILEMMA MAKES IT DIFFICULT TO INCREASE THERMAL PLANT EFFICIENCIES YEAR BY YEAR. THIS REPORT PROVIDES AN ANALYSIS OF THE SYSTEM THERMAL EFFICIENCY (STE) REPRESENTED AN AVERAGED EFFICIENCY OF THERMAL POWER PLANTS WHICH BELONG TO THE SAME ELECTRIC POWER SYSTEM. THE IMPROVEMENT OF STE BY THE INTRODUCTION OF COMBINED CYCLE IS CALCULATED WITHA SIMULATION MODEL WHICH IS DEVELOPED TO ANALYZE THE TECHNOLOGICAL PROGRESS AND THE MARKET PENETRATION BETWEEN THE CONVENTIONAL AND ADVANCED TECHNOLOGIES. THE RESULT SHOWS THAT THE INTRODUCTION OF COMBINED CYCLE WILL INCREASE THE STE OF 2015 UP TO 42.1 % IN THE STANDARD CASE; 10% HIGHER THAN ONE IN THE CASE WITHOUT ANY COMBINED CYCLE. IN THE SENSITIVITY ANALYSIS AN INTRODUCTION SPEED AND A PLANT EFFICIENCY OF COMBINED CYCLE ARE QUANTITATIVELY INVESTIGATED AND IT BECOMES CLEAR THAT THE CHANGES OF CAPACITY FACTOR HAS LITTLE INFLUENCE ON THE IMPROVEMENT OF THE STE.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1987
発行年月 [Issued Year / Month]
1988/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

永田 豊

経済研究所経済部エネルギー研究室

内山 洋司

経済研究所経済部エネルギー研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
システム熱効率 SYSTEM THERMAL EFFICIENCY
火力発電 THERMAL POWER PLANT
複合発電 COMBINED CYCLE
技術進歩 TECHNOLOGICAL PROGRESS
市場浸透 MARKET PENETRATION
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.