財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y87014
タイトル
ソフトウェア自動設計システムの開発(1)−設計自動化方式の開発とファイル処理のモデル化
[Title]
DEVELOPMENT OF AUTOMATED SOFTWARE DESIGN SYSTEM-1-PROPOSAL OF THE GENERAL FRAMEWORK AND MODELING OF FILE PROCESSING-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告は,電気事業の情報システム開発の効率化についての抜本的な改善を図るために,これまで手が付けられていなかった,要求を分析し仕様を作成する作業過程(プログラム設計)を自動化するシステムの処理方式を明らかにするものである。この自動設計システムが生成したものを,コンピュータ内でそのままSPACEに引渡すことで,プログラムの一貫した自動作成を可能にできる。本報告では,自動設計システムを『日本語で記述されたファイル処理要求からSPACE用の仕様を自動生成するシステム』と捉え,その基本構成と処理方式を明らかにするとともに,設計しようとするプログラムの処理内容を自動設計システムの内部で統一的に表現できるようにモデル化する手法について説明する。今後は,ここで定めた方式を表現するパイロットシステムを開発し,その妥当性を評価する計画である。
[Abstract]
THE IDEA OF A GENERALIZED METHOD FOR AUTOMATING THE ENTIRE PROCESS OF A SOFTWARE DEVELOPMENT HAS BEEN EXPECTED TO RAISE THE PRODUCTIVITY OF SOFTWARE DEVELOPMENT. AUTHORS ALREADY DEVELOPED AN AUTOMATIC PROGRAMMING SYSTEM CALLED SPACE FOR BUSINESS APPLICATIONSOFTWARE. THIS PAPER,WHICH FOLLOWS THE FORMER STUDY,DISCUSSES POSSIBILITIES FOR AUTOMATING THE DESIGN PROCESS,AND PROPOSED A GENERAL FRAMEWORK AS A BASIS FOR CONSTRUCTING AN AUTOMATED SOFTWARE DESIGN SYSTEM. THE FRAMEWORK COVERS IDENTIFICATION OF PRINCIPAL COMPONENTS OF THE SYSTEM,AND DEFINITION OF A FILE PROCESSING MODEL. THE GOAL OF THIS STUDY IS TO RAISE THE PRODUCTIVITY BY 10 TIMES(WHICH MEANS REDUCTION OF 90% OF THE TOTAL EFFORT REQUIRED IN THE CONVENTIONAL WAY OF SOFTWARE DEVELOPMENT).
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1987
発行年月 [Issued Year / Month]
1988/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

原田 実

経済研究所情報システム部知識処理研究室

二方 厚志

経済研究所情報システム部知識処理研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
ソフトウェア自動設計システム AUTOMATED SOFTWARE DESEIGN
ファイル処理モデル FILE PROCESSING MODEL.
自動プログラミング AUTOMATED PROGRAMMING.
要求獲得 REQUIREMENT ACQUISITION
仕様生成 SPECIFICATION GENERATION
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.