財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y87017
タイトル
電気事業における規模の経済性
[Title]
ECOMOMIES OF SCALE IN JAPAN ELECTRIC UTILITIES
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
電気事業の規制緩和に関する分析の一環として規制緩和の根拠の一つとされる規模の経済性の計測を行った。計測にさいしては,トランスログ費用関数を推定し,それより規模の経済性を投入要素の変化に対する生産物の相対的な変化の割合と定義して計測した。今回の計測では,新たに詳細なデータベースを構築しそのデータにもとづいて,統合形態としての企業全体と発電部門とについてそれぞれ計測を行った。その結果,どちらについても規模の経済性は,減少傾向にあり,企業全体としては,まだ規模の経済性が存在しているものの,発電部門では,すでに規模の経済性が消滅しているという結果になっている。各企業別にも計測したが,ほぼ同様な結果であった。特に例外はあるものの大規模な企業では,より規模の経済性が減少している傾向にある。
[Abstract]
THE PURPOSE OF THIS STUDY IS TO MEASURE SCALE ECONOMIES (SCE) FOR ELECTRIC UTILITIES IN JAPAN IN ORDER TO GET A INFORMATION ABOUT POLICY IMPLICATION OF DEREGULATION. WE GENERALLY DEFINE SCALE ECONOMIES IN TERMS OF RELATIVE INCREASE IN OUTPUT RESULTING FROM A PROPORTIONAL INCREASE IN ALL OUTPUT. IN THIS PAPER, WE ANALYZED FOLLOWING EACH 4 CASES, AGGREGATE FIRM LEVEL,AGGREGATE GENERATION LEVEL, DIS-AGGREGATE FIRM LEVEL AND DISAGGREGATE GENERATION LAVEL. AS ELECTRIC UTILITIES IN JAPAN ARE INTEGRATED WITH GENERATION, TRANSMISSION AND DISTRIBUTION, IT IS IMPORTANT THAT WHAT LEVEL WE NEED TO DEREGULATE. THE MAIN RESULTS ARE THE FOLLOWING: (1)SCE IS DECREASING FOR BOTH AGGREGATE FIRM LEVEL AND GENERATION LEVEL, AND FOR FORMER, IT HAS EXISTED IN RECENTYEARS BUT FOR LATTER, IT HAS NOT EXISTED SINCE SEVERAL YEARS. IT IS CAUSED MAINLY BY EFFECTS OF FUEL COST, THE IMPACT OF IT FOR SCE IS LARGERTHAN OTHER FACTOR IN OUR MODEL. (2)IN BOTH FIRM AND GENERATION LEVEL ON DIS-AGGREGATE CASES,THE TENDENCY OF RESULTS MEASURED BY SAME METHOD IS ALMOST SAME AS THE CASE OF AGGREGATE ONE. HOWEVER, THERE ARE SOME DIFFERENCES IN EACH ELECTRIC UTILITIES, BECAUSE THERE ARE DIFFERENCES IN SOME POINTS FOR EXAMPLE DEMAND DENSITY OR STRUCTURE OF POWER SYSTEM ETC.. AND LARGER THE SCALE OF UTILITIES SMALLER SCE IN RECENT YEARS. THEREFORE,WE MAY CONCLUDE THAT WE OUGHT TO DEREGULATE AT GENERATION LEVEL, BUT CONTINUE TO REGULATE AT FIRM LEVEL. HOWEVER IN OUR STUDY OF THIS TIME,THERE ARE SEVERAL FACTORS WHICH ARE ABSTRACTED,FOR EXAMPLE THE CHARACTER OF EACH FACTOR OR SO CALLED HEDONIC ATTRIBUTE, THUS WE WILL CONCLUDETHE NECESSITY OF REGULATION OR DEREGULATION FOR ELECTRIC POWER INDUSTRY IN JAPAN AT THE TIME WHEN WE GET MORE DETAIL INFORMATION.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1987
発行年月 [Issued Year / Month]
1988/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

中西 泰夫

経済研究所経済部経営研究室

伊藤 成康

経済研究所経済部経営研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
規模の経済性 ECONOMIES OF SCALE
費用構造 COST STRUCTURE
トランスログ費用関数 TRANSLOG COST FUNCTION
規制緩和 DEREGULATION
電気事業 ELECTRIC UTILITIES
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.