財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y88010
タイトル
重電機製造プロセスモデルの開発(1)−季時別料金制下の電力需要調整の評価−
[Title]
A PROCESS MODEL FOR ASSESSING CUSTOMERS RESPONSE OT TIME-OF USE RATES FOR THE HEAVY ELECTRICAL MACHINERY INDUSTRY(1) : A CASE STUDY
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
スケジューリング型のプロセスモデルを開発し,重電機製造業を事例研究対象として電気料金構造に対する負荷の反応評価を試みた。賃金率や電気料金構造等の投入票素価格及び処理順序等の操業制約の諸条件下で,所与の製品出荷量を最小操業コストで生産する最適操業計画問題を定式化した。実際の求解にあたっては,厳密解を実用時間内で求めることは不可能であるため,初期解を逐次改良する発見的準最適化算法によって近似解を求めた。電力量料金のピーク/オフピーク比を1〜10の範囲で変化させて,感度解析を行ったところ,事例工場の最大負荷変動要因である大型タービン発電機の電気特性試験についてはその工程の使用電力量の20〜25%がピーク時間帯からオフピーク時間帯へ移行する可能性が示された。電力負荷パターンは特に料金比1〜2の間で大きく変化し,料金比3以上では季時別料金構造の効果は飽和した。また,本モデルに最大電力を抑制する
[Abstract]
TIME-OF-USE(TOU)RATES REFLECTING THE COST STRUCTURE OF ELECTRICITY PRODUCTION ARE THEORETICALLY PREFERABLE TO CONVENTIONAL RATES IN TERMS OF ECONOMIC EFFICIENCY. HOWEVER,QUANTITATIVE EVALUATION OF THE ECONOMIC BENEFITS AND THE EFFECTS ON LOAD PROFILE REMAINS TO BE INVESTIGATED FOR THE ACTUAL,SPECIFIC CASES. PARTICULARY,FOR THECUSTOMERS WHOSE LOAD CHARACTERISTICS ARE STRONGLY INFLUENCED BY THE TECHNICAL STRUCTURE OF ELECTRICITY UTILIZATION,MICROSCOPIC ENGINEERING-ECONOMIC ANALYSIS IS REQUIRED TO EVALUETE THE RESPONSES TO TOU RATES. A PROCESS MODEL WHICH DESCRIBES CUSTOMERS ACTIONS COPING WITH GIVEN ELECTRICITY RATES THROUGH THE EXPLICIT MODELING OF ENGINEERING CHARACTERISTICS OF ELECTRICITY USE WOULD BE A USEFUL THE EXPLICIT MODELING OF ENFINERING CHARACTERISTICS TOOL IN MICROSCOPIC EVALUATION OF CUSTMERS RESPONSED TO TOU RATES. FOR EXAMPLE,THE REDUCTION IN THE ELECTRICITY COST DUETO RESCHEDULING OF A PRODUCTION PROCESS CAN BE COMPARED WITH THE EXTRACOST INCURRED DUE TO WAGE DIFFERENTIALS. THE MODEL CAN SELECT RESCHEDULING THAT MINIMIZES THE COST OF MEETING PROJECTED DEMANDS FOR SPECIFIC PRODUCTS. THE ELECTRICAL MACHNERY INDUSTRY MAKES A SIGNIFICANT COMPONENT OF UTILITIES ELECTRICAL LOADS IN JAPAN. AN HEAVY ELECTRICAL APPARATUS WORKS IS TAKEN FOR THE CASE STUDY. FOR OUR MODELING OF THE PRODUCTIONPROCESSES OF HEAVY ELECTRICAL APPARATUS,WE USED THE CHARACTERISTICS OFA WORKS THAT PRODUCES TURBINES AND TURBINE PLANT EQUIPMENT,GENERATORS,AND MOTORS. WE DEVELOPED A MODEL OF TURBINE GENERATORS,SINCE LARGE SCALE TURBINE GENERATORS ARE MAJOR PRODUCTS OF THE WORKS AND SOME PROCESSESOF A LARGE SCALE TURBINE GENERATOR MAY CONSUME ABOUT 30 PERCENT OF TOATL ELECTRIC OF THE WORKS. APPLYING HEURISTIC ALGORITHMS DEVELOPED IN THE STUDY,WE REPORT THE QUASI-OPTIMAL MONTHLY OPERATION SCHEDULE AND ITS EFFECTS ON THE CUSTOMER S OPERATING COSTS(THE SUM OF ELECTRICITY COSTS AND LABOR COSTS)AND THE UTILITIS LOAD PROFILE. THE CASE STUDY
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1988
発行年月 [Issued Year / Month]
1988/08
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

浅野 浩志

経済研究所経済部エネルギー研究室

佐賀井 重雄

経済研究所情報システム部経営情報研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
ロードマネジメント LOAD MANAGEMENT
季時別料金制 TIME-OF-USE RATE
プロセスモデル PROCESS MODEL
重電機製造業 HEAVY ELECTRICAL MACHINERY
電力負荷特性 ELECTRICITY LOAD CHARACTERISTICS
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.