財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y88013
タイトル
重電機製造プロセスモデルの開発(2)−PROMHEMシステムの構成と利用法−
[Title]
A PROCESS MODEL FOR ASSESSING CUSTOMERS RESPONSE TO TIME-OF-USE FOR THE HEAVY ELECTRIC MACHNERY INDUSTRY(2) -USER S MANIAL OF THE MODFEL SYSTEM OF PROMHEM -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
季時別料金構造に対する需要家の反応を分析する目的で,個別生産プロセスの電力負荷の特徴までを考慮に入れた産業用需要家モデルの開発を重電機産業を対象として行った。モデル化の対象として選択したのは,受注生産を主とする重電機工場(タービン発電機を主とする工場)である。モデル化に当たっては,その基本製造工程およびエネルギー・電力需給構造等を調査し,実際の操業形態にできるだけ近く表現することに留意した。本報告書は,このモデルシステムの構成および利用法に詳しい解説を加えるものである。モデルは,計画期間における工場の操業に関するさまざまな制約条件の下で,任意の実行可能な操業計画を与えた場合に,それを改良して,プロセス操業コストを局所最適化する操業計画を求める離散変数型スケジュールモデルとして定式化を行った。このモデルを利用することにより,電気料金構造が変化した場合の需要家の反応を電力負荷移行量や,コ
[Abstract]
ELECTRICITY LOAD OF AN INDUSTRIAL CUSTOMER COULD BE CHARACTERIZED BY ITS MANUFACTURING PROCESSES AND OPERATING CONDITIONS. FROM 1986,WE HAVE CONDUCTED THE STUDY OF COUSTOMERS RESPONSE TO TIME-OF-USE RATES BY PROCESS MODEL APPROACH. APROCESS MODEL EXPLICITLY DESCRIBES ELECTRIC CHARACTERISTICS OF EACH MANUFACTURING PROCESS. WEDEVELOPED PROMHEM (PROCESS MODEL FOR THE HEAVY ELECTRIC MACHINERY INDUSTRY) AS THE SECOND CASE STUDY OF PROCESS MODELING. THE MODELIZED WORKS MAINLY PRODUCES TURBINE GENERATORS TO ORDER OF EACH CUSTOMER. THE ELECTRICITY COST OF THE WORKS AMOUNT TO ABOUT 1.2 BILLION YEN PER YEAR. AND IT ACCOUNTS FOR ABOUT 1.2 PERCENT OF TOTAL PROSUCTION OUTPUT PEN YEAY(1986 FY). THE UTILIZATION RATE OF THE WORKS IS RELATIVELY LOW. SO THE TOTAL OPERATING COST INCLUCDING ELECTRICITY COST CAN BE REDUCED BY THE INTRODUCTION OF TIME-OF-USE RATES. IN THE FIRST VOLUME,WE ANALYZE THE POTENTIAL FOR LOAD SHIFITING OF SOME TYPES OF MANUFACTURING PROCESSES. WE ALSO SHOW THE RESULTS OF SENSITIVITY ANALYSES ON TIME-OF-USE STRUCTURE. IN THIS SECOND VOLUME,WE PROVIDE THE STRUCTURE AND USAGE OF MODEL SYSTEM OF PROMHEM . THE MODEL SYSTEM INCLUDES THREE SUBSYSTEMS;1) DATA INPUT SUPPORTING SUBSYSTEM,2)RESCHEDULER OF THE OPERATING PLAN,AND 3) REPORT GENERATION SUPPORTING SUBSYSTEM. THE DATA INPUT SUPPORTING SUBSYSTEM,NAMED PROMHEM-IN HELPS TO MAKE INPUT DATA FILE FOR THE MAIN SYSTEM PROMHEM-MAIN . IT DISPLAYS DATA INPUT CHART FOR PROCESS DESCRIPTIVE DATA AND INITIAL OPERATING SCHEDULE DATA. SYSTEM USERS CAN GET INPUT FILE FOR PROMHEM-MAIN JUST BY FILLING FIGURES AS PROMHEM-IN REQUIRES. THE PROMHEM-MAIN IS MAIN PROGRAM OF THIS PROCESS MODEL SYSTEM. THE SYSTEM IMPROVES GIVEN INITIAL SCHEDULE IN VIEW OF OPERATING COST TAKING ADVANTAGE OF LOW PRICE OF THE OFF-PEAK ELECTRICITY. USERS CAN ASSESS THE CUSTOMERS RSPONSE THROUGH THE UMPTOVED SCHEDULE. FURTHERMORE, PROMHEM-MAIN OUTPUTS DATA FILE FOR THE REPOTRTING SUBSYSTEM
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1988
発行年月 [Issued Year / Month]
1988/09
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

佐賀井 重雄

経済研究所情報システム部経営情報研究室

浅野 浩志

経済研究所経済部エネルギー研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
ロードマネジメント LOAD MANAGEMENT
季時別料金制 TIME-OF-USE RATE
プロセスモデル PROCESS MODEL
重電機製造業 HEAVY ELECTRIC MECHNINERY IDUSTRY
電力負荷特性 ELECTRICITY LOAD CHARACTERISTICS
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.