財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y88019
タイトル
全国9地域計量経済モデルの開発その6電力需要ブロック
[Title]
DEVELOPMENT OF JAPANESE NINE-REGION ECONOMETRIC MODEL: PART 6 ELECTRICITY DEMAND BLOCK
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
「全国9地域計量経済モデル」における電力需要ブロックについて,その構造と分析結果を報告する。ここで分析したものは,9地域別の電灯および業務用・小口・大口(製造業3産業別)・その他電力の需要である。基本的には,部分調整型モデルとして需要関数を特定化し,生産水準(電灯の場合は所得)と電力の相対価格,前年の需要水準を主要な説明変数として推定している。分析の結果,1)電灯と業務用電力需要には,価格の水準のみならず,価格の変化率も影響を与える。2)大口電力需要では,素材型よりも加工組立型製造業で長期の生産弾力性が大きく,周辺地域よりも中央地域で望ましい需要水準への調整が速い。3)その他電力需要では,深夜電力の需要が約8割を占めており,深夜電力契約率の低い地域ほど長期価格弾力性が大きいという地域差があることなどが判った。
[Abstract]
THIS STUDY REPORTS ON THE ELECTRICITY DEMANDBLOCK OF THE JAPANESE NINE-REGION ECONOMETRIC MODEL (JNREM). SINCE DETERMINANTS OF LOCAL DEMAND FOR ELECTRICITY DIFFER WITH TYPES OF USE,ELECTRICITY DEMAND IS ANALYSED ACCORDING TO TYPE OF USE. THE RELATIVE PRICEOF ELECTRICITY AND INCOME ARE ASSUMED TO BE THE MAIN DETERMINANTS AND A PARTIAL-ADJUSTMENT MODEL IS ASSUMED IN MOST CASES. THE EMPIRICAL RESULTS SUGGEST THAT (1)THE PERCENT CHANGE IN ELECTRICITY PRICE OVER THE PREVIOUS YEAR IS A SIGNIFICANT DETERMINANT IN ADDITION TO THE RELATIVE PRICE,INCOME AND DEPENDENT LAG IN THE RESIDENTIAL AND COMMERCIAL USE,(2)FOR INDUSTRIAL USE,THE LONG-RUN DEMAND ELASTICITY TO INCOME IS LARGER INMACHINERY INDUSTRIES THAN IN HEAVY INDUSTRIES,AND(3)THE LONG-RUN DEMAND ELASTICITY TO THE RELATIVE PRICE VARIES ACROSS REGIONS FOR MISCELLANEOUS USE WHICH MOSTLY CONSISTS OF NIGHT-ONLY SERVICE.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1988
発行年月 [Issued Year / Month]
1989/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

大河原 透

経済研究所経済部社会環境研究室

小野島 智子

経済研究所経済部社会環境研究室

松川 勇

経済研究所経済部エネルギー研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
多地域計量モデル MULTI-REGIONAL ECONOMETRIC MODEL
電力需要 ELECTRICITY DEMAND
需要関数 DEMAND FUNCTION
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.