財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y88025
タイトル
電力カードによる新市場開拓
[Title]
DEVELOPMENT OF A NEW MARKET FOR ELECTRIC CARD SYSTEMS
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
電気事業の新サービスとして当所提案した「電力カードシステム」について,昭和62年度の研究結果を踏まえて実証システムを試作した。また,対象市場を細分化した市場性調査の結果,(1)共同利用施設ではスポーツ施設やキャンプ場といったアウトドアレジャー施設における導入意向が比較的高いこと,(2)一般家庭において,普及状況の条件付で7割以上の消費者が何らかの意味での導入意向をもつことが明らかとなった。
[Abstract]
IN 1987, WE PROPOSED AN ELECTRIC CARD SYSTEM AS A NEW CUSTOMER SERVICE FOR ELECTRIC UTILITIES. BY INVESTIGATING THE MARKET,WE HAVE FOUND A LARGE MARKET POTENTIAL. BASED ON THIS RESULT,WE HAVE DEVELOPED AN ELECTRIC CARD TEST SYSTEM (HARDWARE DEVELOPED AT KOMAE LAD. OF CRIEPI). WE ALSO CONDUCTED MARKET RESEARCH ON SOME TARGET MARKET SEGMENTS. ELECTRIC CARD SYSTEMS ARE MORE LIKELY TO BE INTRODUCEDAT OUTDOOR LEISURE FACILITIES FOR CAMPING OR SPORTS THAN AT FACILITIESSUCH AS COTTAGES OR RENTAL ROOMS. IN THE RESIDENTIAL MARKET,UP TO 70% OF CUSTOMERS ARE INTERESTED IN THE SYSTEM IF THEY ONLY HAVE TO PAY 1,500 YEN FOR INSTALLING EQUIPMENT.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1988
発行年月 [Issued Year / Month]
1989/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

小野 賢治

経済研究所情報システム部経営情報研究室

桑畑 暁生

経済研究所情報システム部経営情報研究室

高橋 誠

経済研究所情報システム部経営情報研究室

荒井 泰男

経済研究所情報システム部

キーワード [Keywords]
和文 英文
電力カード ELECTRIC CARD
マーケティング MARKETING
消費者サービス CUSTOMER SERVICE
市場調査 MARKET RESEARCH
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.