財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y89003
タイトル
電気事業の経営多角化の方向性−多角化先進企業に対する事例分析−
[Title]
FUTURE DEVELOPMENTS IN DIVERSIFICATION OF ELECTRIC UTILITIES -CASE STUDIES ON WELL-DIVERSIFIED CORPORATIONS-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
多角化先進企業を対象として,経営データに基づく分析やヒアリング・文献調査を行った結果,電気事業多角化に有用と思われる以下の結論を得た。(1)「収益性」や「成長性」「安定性」などの複数の経営指標に対し,多角化がプラスの効果をもたらす可能性を有する。(2)多角化先進企業にみる事業進出の動機では,何よりも経営資源の有効活用を第一に考えて事業展開している。(3)多角化事業の選定プロセスには「起案」→「調査」→「計画」→「決断」という一定の流れが存在する。この場合,「調査」「計画」よりも「起案」「決断」の部分に興味深い点が見られる。(4)電気事業多角化に対する他の業界からの見方をもとに,電気事業を参入する際に考慮すべき条件,さらにそこで収益をあげていくための諸条件を整理した。
[Abstract]
TO DETERMINE FUTURE DEVELOPMENTS IN THE DIVERSIFICATION OF ELECTRIC UTILITIES,WE ANALYZED SEVERAL WELL-DIVERSIFIED CORPORATIONS IN OTHER INDUSTRIES. THE MAIN RESULTS ARE AS FOLLOW:(1)THEEXTENT OF DIVERSIFICATION AND SOME MANAGERIAL INDICES ARE CLOSELY RELATED. (2)VALUABLE IDEAS THAT CONTRIBUTE TO CONCRETE DIVERSIFICATION WEREDETERMINED. (3)CONDITIONS UNDER WHICH ELECTRIC UTILITIES COULD DIVERSIFY INTO NEW SERVICES AND MAKE A PROFIT ON THEM WERE DETERMINED.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1989
発行年月 [Issued Year / Month]
1989/10
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

蟻生 俊夫

経済研究所経済部社会環境研究室

井口 典夫

経済研究所経済部社会環境研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
規制緩和 DEREGULATION
電気事業 ELECTRIC UTILITIES
経営多角化 DIVERSIFICATION
経営資源 MANAGERIAL RESOURCES
経営分析 BUSINESS ANALYSIS
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.