財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y90007
タイトル
都市アメニティと概念の将来の都市像
[Title]
URBAN AMENITY-CONCEPTUAL PROPOSITION FOR FUTURE SOCIETY
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究では,我が国独自のアメニティ概念の確立を目指して,まず,都市に住む人々からみた都市アメニティの捉え方を整理し,それらに対応させて将来の都市像を提案した。そして各都市像において備えるべき都市機能を明らかにした。主な結果は,以下の通りである。(1)人々の様々な活動を通した生活の充実感,達成感から,アメニティを把握するための軸として,1.主体(誰が),2.状況(どういう場で),3.欲求(何のために)を設定し,将来のアメニティを捉えるための概念モデルを提示した。(2)将来住んでみたい都市イメージを,1.利便志向,2.自然志向,3.情緒志向,4.刺激志向,5.活力志向,6.多様志向という6つに分類した。(3)分類した都市イメージを今後の都市づくりに生かしていくために,それぞれのイメージを形成している人々の価値観と,そこで求められる都市機能を明らかにした。
[Abstract]
VALUES IN CONTEMPORARY URBAN LIFE SHIFT GRADUALLY FROM MATTER TO MIND BUT SUCH CHANGES ARE DIFFICULT TO ACCOMMODATE. THESE URBAN DEVELOPMENTS CONSTITUTE THE FUNDAMENTAL CONCEPT OF AMENITY. THIS STUDY CLARIFIES THE CONCEPT OF AMENITY IN JAPAN AND PROJECTS IMAGES OF URBAN DEVELOPMENT OF THE FUTURE. (1) AMENITY CAN BE DEFINED AS A CONCEPT COMPOSED OF 1.SUBJECT, 2. CONDITION AND 3. DESIRE, BASED ON ANALYSIS OF URBAN ACTIVITIES. (2)WE GROUPED URBAN IMAGES OF THEFUTURE INTO SIX CLASSES,1. CONVENIENCE, 2. NATURE, 3. EMOTION, 4. STIMUL, 5. ACTIVITY, AND 6. DIVERSITY, . (3)WE CLARIFIED THE RELATIONSHIP BETWEEN OUR VALUES AND THE ABOVE URBAN IMAGES,AND PROPOSE URBAN FUNCTIONS NECESSARY FOR FUTURE SOCIETY.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1990
発行年月 [Issued Year / Month]
1990/11
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

山本 公夫

経済研究所経済部社会環境研究室

井内 正直

経済研究所経済部社会環境研究室

鈴木 勉

経済研究所経済部社会環境研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
アメニティ AMENITY
都市開発 URBAN DEVELOPMENT
アンケート QUESTIONAIRE
都市像 FUTURE IMAGE OF CITIES
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.