財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y90010
タイトル
電気事業の事業展開の方向性−総合化概念にもとづく事例分析
[Title]
FUTURE DIVERSIFICATION OF ELECTRIC UTILITIES-NEW DIVERSIFICATION CONCEPTS-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
事業展開の面で先進的な他企業の事例をもとに,今まで不明確に用いられてきた多角化概念を想定し,事業展開のノウハウ整理と経営効果の実証分析を行った結果,以下の結論を得た。これまで一般に多角化といわれてきた概念は,同業他社が既に手がけている事業への進出であるか否かにもとづいて「総合化」と「多角化」に区別するのが適切である。この区別に従うと事業展開上のノウハウが対照的に整理された。総合化では,土地,施設などハードな経営資源を活用して本業周辺に展開しているのに対し,多角化では,情報,人材などソフトな資源をもとに本事業と離れた分野に展開していることがわかった。さらに,私鉄業についての経営効果の分析から公益事業の総合化戦略によるグループ大での効果が確認された。これらより,ハードな経営資源を豊富に持つわが国の電気事業の場合,総合化を目指すべきと推察され,有望な総合化分野として不動産,電気機器販売,省
[Abstract]
JAPANESE ELECTRIC UTILITIES HAVE STARTED DIVERSIFICATION OVER THE PAST FEW YEARS AS COMPREHENSIVE COMPANIES BASED ON REGIONAL COMMINITIES. THIS SEEKS A DESIRABLE DIRECTION FOR THE DIVERSIFICATION BY ASKING DIVERSIFICATION MANAGEMENT EXPERTS FOR THEIR OPINION AND BY ANALYZING FINANCIAL INDICES OF SEVERAL CORPORATIONS IN OTHER INDUSTRIES. THE MAIN RESULTS ARE AS FOLLOWS: (1)DIVERSIFICATION CAN BE DIVIDED INTO GENERALIZATION AND DIVERSIFICATION (IN THE NARROW SENSE). GENERALIZATION IS SIMILAR TO ENTRY INTO A RELATED BUSINESS UTILIZINGHARD MANAGERIAL RESOURCES SUCH AS LAND AND FACILITIES. DIVERSIFICATIONIS ENTRY INTO AN UNRELATED BUSINESS UTILIZING INFORMATION,AND HUMAN RESOURCES,ETC. (2)BASED ON CORRELATION ANALYSIS BETWEEN MEASURES OF DIVERSIFICATION AND FINANCIAL INDICES (PROFITABILITY,GROWTH AND STABILITY) IN 14 MAJOR RAILROAD COMPANIES,GENERALIZATION SEEMS TO CONTRIBUTE TO IMPROVED FINANCIAL PERFORMANCE OF PUBLIC UTILITIES. (3)FROM BOTH THE MANAGERIAL RESOURCES OF JAPANESE ELECTRIC UTILITIES AND THE DIVERSIFICATION EXPERIENCE OF THE US ELECTRIC UTILITIES,JAPANESE UTILITIES SHOULD AIM AT GENERALIZATION, PROMISING BUSINESSES WOULD BE REAL ESTATE,APPLIANCE SALES AND ENERGY-CONSERVATION SERVICES.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1990
発行年月 [Issued Year / Month]
1991/01
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

蟻生 俊夫

経済研究所経済部社会環境研究室

井口 典夫

経済研究所経済部社会環境研究室

若谷 佳史

経済研究所経済部社会環境研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
多角化 DIVENSIFICATION
総合化 GENERALIZATION
経営分析 BUSINESS ANALYSIS
公益事業 PUBLIC UTILITY
電気事業 ELECTRIC UTILITIES
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.