財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y90012
タイトル
北海道における公共投資の波及効果分析
[Title]
ANALYSIS OF EFFECTS OF PUBLIC INVESTMENT IN HOKKAIDO
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
北海道経済は,石炭・鉄鋼などの基幹産業が生産縮小に陥り,他方では北洋漁業の規制強化や農産物の自由化圧力などで,今後も厳しい状況が続くと考えられる。このような中で,公共投資の役割は依然として大きい。本研究の目的は,北海道経済に産業連関分析手法を用いて,公共投資の工事種類別の波及効果を生産,付加価値,雇用,移輸入などの点から比較検討を行い,経済発展の方策を探ることである。本報告書では,はじめに分析手法を紹介し,次に工事種類別の波及効果を計測・分析した結果を示す。なお,主な分析結果は表1のとおりである。
[Abstract]
THE HOKKAIDO ECONOMY IS EXPECTED TO FACE DIFFICULTIES RESULTING FROM THE CONTRACTION OF COAL MINING AND THE IRON & STEEL INDUSTRIES,STRENGTHENED REGULATION OF NORTH-SEA FISHERIES,AND INCREASING LIBERALIZATION OF AGRICULTURAL CONTROLS. IN THESE CIRCUMSTANCES,PUBLIC INVESTMENT WILL PLAY A SUBSTANTIAL ROLE IN THE ECONOMY. THIS RESEARCH INVESTIGATES POSSIBLE ECONOMIC DEVELOPMENT RESULTING FROM THE RIPPLE EFFECT OF PUBLIC INVESTMENTS FOR DIFFERENT RINDS OF REGIONAL PRODUCTION,ADDED VALUE,EMPLOYMENT,AND IMPORTS BY USING INPUT-OUTPUT ANALYSIS. THE REPORT PRESENTS THE ANALYTICAL METHOD AND THE RESULTS OF INVESTIMENT EFFECTS.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1990
発行年月 [Issued Year / Month]
1991/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

鍋島 芳弘

経済研究所経済部経営研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
産業連関分析 INPUT-OUTPUT ANALYSIS
北海道経済 HAKKAIDO ECONOMY
公共投資 PUBIC INVESTMENT
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.