財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y90020
タイトル
資産市場モデルと為替レートの決定
[Title]
ASSET MARKETS AND DETERMINATION OF EXCHANGE RATE
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
日本経済の成長に伴って資産の蓄積が進み,その一方で,金融の自由化や国際化の進展により様々な金融資産を保有する機会が増大してきた。これに伴い,為替レートは国内外の金利等の金融動向に一層敏感に反応するようになってきている。本稿では,まず,家計や企業等による貯金,債券などの資産の選択行動を分析し,家計や企業等が資産選択に際して,金利や経済活動にどの程度反応しているかを定量的に明らかにした。次に,この分析をもとにして,各資産市場で需要と供給が一致するところで債券利回りや為替レートが決定される「資産市場の一般均衡モデル」を開発した。資産選択モデルはいくつかあるが,為替レートの動向までも分析できることが本モデルの最大の特色である。
[Abstract]
SINCE THE SECAND OIL CRISIS,JAPAN HAS ACCUMULATED MANY ASSETS,INCLUDING FOREIGN ASARESULT OF ASSETS THE STEADY ECONOMIC GROWTH AND ACCUMULATED CURRENT SURPLUS.MOREOVER,JAPAN HAS MORE OPPORTUNITY TO HOLD FINANCIAL ASSETS BECAUSE OF DEREGULATION AND INTERNATIONALIZATION IN ASSET MARKETS. UNDER THESE CIRCUMSTANCES,THE YEN RATE HAS BECOME MORE SENSITIVE TO THE MOVEMENT OF ASSET MARKETS SUCH AS CHANGES OF DOMESTIC AND FOREIGN INTEREST RATES. CANSEQENTLY, FROM AN ANALYTICAL POINT OF VIEW,THE ASSET APPROACH CAN BE APPLIED TO DETERMINIE THE EXCHAGE RATE. THIS PAPER ANALYZES JAPANESE PORTFOLIO ACTIVITIES FOR ASSETS,INCLUDING FOREIGN ASSETS EMPIRICALY.HOLDING OF INDIVIDUAL ASSETS ANDLIABILITIES BY HOUSEHOLDS,NON-FINANCIAL FIRMS AND PRIVATE FINANCIAL INSTITUTIONS IS EXPLAINED BY A SET OF PORTFOLIO EQUATIONS OF THE BRAINARD-TOBIN TYPE. THESE PORTFOLIO EQUATIONS ARE COMBINED TO BUILD A GENERAL EQUILIBRIUM MODEL OF THE JAPANESE ASSET MARKET WHICH ENDOGENOUSLY DETERMINES THE JAPANESE GOVERNMENT BOND YIELD, EXCHANGE RATE AND ON. LASTY,SOME SIMULATIONS ARE ATTEMPTED SO ON HOW EARNING RATES OF ASSETS AND THEEXCHANGE RATE REACT TO SHOCKS OF EXOGENOUS VARIABLES,FOR EXAMPLE AN INCREASE IN THE U.S.GOVERNMENT BOND YIELD AND EARNING RATES OF FOREIGN DIRECT INVESTMENT.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1990
発行年月 [Issued Year / Month]
1991/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

森川 浩一郎

経済研究所経済部経営研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
資産市場 ASSET MARKET
資産選択モデル PORTFOLIO MODEL
アセット・アプローチ ASSET APPROACH
対外資産 FOREIGN ASSET
為替レート EXCHANGE RATE
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.