財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y90023
タイトル
本邦電気事業における設備投資行動の分析−エーベル型投資関数によるトービンのqおよび主観的割引率の推定
[Title]
CAPITAL INVESTMENT OF JAPANESE ELECTRIC UTILITIES-ESTIMATION OF TOBIN S Q AND SUBJECTIVE DISCOUNT RATE WITH ABEL-TYPE INVESTMENT FUNCTION
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
電気事業の設備投資はきわめて大きな額であり,マクロ的にも無視しえないほどであるが,その投資が需要動向や燃料価格に影響されているかは必ずしも明らかではなかった。そこで,これまでに行ってきた電気事業の費用構造の分析の拡張として投資関数の推定を行った。投資の効率性の指標としては近年のトービンのqが注目を集めており,限界のqの測定を行うと同時に,経済主体が投資決定に際して事前に設定する主観的割引率も推定した。主な結果は次の通りである。1975年から1978年の間ではqは,1.14,1980年から1984年の間では1.64と近年投資効率が高まる傾向にある事が示唆された。主観的割引率については,それぞれの期間7.9%と13.6%であり,製造業にくらべかなり低い水準である事が確認された。さらに,燃料価格ショックおよび需要ショックシミュレーションを行っている。
[Abstract]
OUR AIM IS TO PROVIDE EMPIRICAL EVIDENCE OF MARGINAL Q AND THE SUBJECTIVE DISCOUNT RATE ON THE INVESTMENT OF JAPANESE ELECTRIC UTILITIES. SO FAR, COST FUNCTIONS OF JAPANESE ELECTRIC UTILITIES HAVE BEEN ESTIMATED TO MEASURE SCALE ECONOMIES IN A STATIC FRAMEWORK. HOWEVER,THERE IS NO STUDY ON THE COST STRUCTURE OF JAPANESE ELECTRIC UTILITIES IN THE DYNAMIC FRAMEWORK, BECAUSE OF DATA LIMITATIONS. THIS PAPER ESTIMATES THE ABEL-TYPE INVESTMENT FUNCTION WITH A SHORT-RUN VARIABLE COST FUNCTION FOR NINE JAPANESE ELECTRIC UTILITIES. TO MEASURE MARGINAL Q, MOST STUDIES ESTIMATE AVERAGE Q USING HAYASHI S THEOREM WHICH STATES THAT AVERAGE Q IS EQUAL TO MARGINAL Q UNDER PERFECT COMPETITION AND CONSTANT RETUM TO SCALE. HOWEVER, THERE ARE SCALE ECONOMIES IN JAPANESE ELECTRIC UTILITIES AS PREVIONS STUDIES HAVE POINTED OUT, SO WE CANNOT USE THIS THEOREM. AS WE MUST USE A GENERALIZED CONT FUNCTION, THEABEL-TYPE INVESTMENT FUNCTION IS MOST SUITABLE FOR OUR ANALYSIS. THE SUBJECTIVE DISCOUNT RATE FROM 75 TO 78 WAS 7.9% AND FROM 80 TO 84 WAS 13.6%. THIS DISCOUNT RATE RISE IS PARTLY DUE TO THE LOW INCREASE IN ELECTRICITY DEMAND. THE VALUE OF MARGINAL Q FROM 75 TO 78 WAS 1.4 AND80 TO 84 WAS 1.64. MARGINAL Q MUST BE LARGER THAN UNITY AS LONG AS INVESTMENT IS MADE, SO THESE VALUES MEET THE THEORETICAL REQUIREMENTAL,ALTHOUGH MANY OTHER STUDIES ON Q VIOLATE THIS REQUIREMENT. FINALLY,WE INVESTIGATED THE DYNAMIC STRUCTURE OF THIS MODEL. IT TAKES 21 YEARS TO REACH THE STEADY STATE AT THE SAMPLE MEAN IN 1978. THIS RESULT MAY BE PLAUSIBLE BECAUSE THE ELECTRIC INDUSTRY NEEDS HUGE PLANTS. WE ALSO SIMULATEA 10% ONCREASE IN FUEL PRICE WITH THE PARAMETERS FOR THE FIRST PERIOD AND PLOT THE CHANGES IN EXPENDITURE FOR PRODUCTION FACTORS TOWARD THE STEADY STATE.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1990
発行年月 [Issued Year / Month]
1991/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

真殿 誠志

経済研究所経済部エネルギー研究室

中西 泰夫

経済研究所経済部経営研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
投資関数 INVESTMENT FUNCTION
トービンのq TOBIN S Q
主観的割引率 SUBJECTIVE DISCOUNT RATE
調整費用 ADJUSTMENT COST
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.