財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y91003
タイトル
知識獲得支援システムKID−αの開発
[Title]
DEVELOPMENT OF KID- KNOWLEDGE ACQUISITION SUPPORT SYSTEM
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
エキスパートシステムは,専門家の知識を明文化して知識ベースとしてコンピュータに蓄積し,それを活用することで,従来のシステムでは取り扱い難かった問題を取り扱えるようにしたものである。80年代初頭からの人工知能技術に対する関心の高まりを1つの契機として,電力各社では様々な目的で,多くのエキスパートシステムの開発を行ってきた。最近は,実用化を狙ったエキスパートシステム開発が多くなってきているが,実用化を目指したシステム開発が盛んになるにつれ,エキスパートシステムの心臓部である知識ベースが複雑・大規模化し,その検証/信頼性評価が大きな問題となってきている。本報告では,信頼性の高い知識ベースを作成するために,過去の事例についてのデータベースを活用して,知識ベースを自動的に生成したり,専門家の持っている知識をより信頼性の高い知識に修正したりできる知識獲得支援システム(KID−α)について
[Abstract]
A NUMBER OF EXPERT SYSTEMS HAVE BEEN DEVELOPED BY ELECTRIC POWER COMPANIES TO MAINTAIN EXPERTISE AND ASSIST OPERATORS IN DIAGNOSING COMPLEX ACCIDENTS AND OPERATING A COMPLEX PROCESS SUCHAS A POWER PLANT. IN GENERAL,IN DEVELOPING THE EXPERT SYSTEM THE RELIBILITY OF THE KNOWLEDGE BASE AS WELL AS THE EFFICIENCY OF THE KNOWLEDGE ACQUISITION ARE MOST IMPORTANT. TO DEVELOP A RELIABLE KNOWLEDGE BASE EFFICIENTLY,COOPERATION BY EXPERTS AND A SUPPORT SYSTEM ARE INDISPENSABLE. WE DEVELOPED KID- TO ASSIST EXPERTS IN ACQUIRING RELIABLE KNOWLEDGE AS FOLLOWS: (1)ANALYZE FACTUAL DATA AND EXTRACT RULES SATISFYING CONFIDENCE LEVEL AND FORM FOR RELIABLE KNOWLEDGE BASE AUTOMATICALLY (2)VALIDATE EXPERTS EMPIRICAL RULES BY COMPARISON WITH FACTUAL DATA,AND/OR MODIFY RULES TO MORE RELIABLE ONES,AND (3)TO STIMULATE EXPERTS JUDGEMENT,PRESENT ANALYSIS GRAPHS BY MATHEMATICAL QUANTIFICATION AND CLUSTERING. ASAN EXAMPLE,WE APPLIED KID- TO 80 RECORDS OF MARKETING ELECTRIC POWER AS A HEAT SOURCE FOR NEW BUILDINGS. KID- EVALUATED THE MARKETING EXPERTS KNOWLEDGE BY ANALYZING THE RECORDS AND CREATED SOME NEW RELIABLE RULES. THE PERFORMANCE OF KID- IS APPRECIATED IN HEURISTIC CLUSTERING PROBLEMS SUCH AS SELECTION AND CLASSIFICATION. AS THE NEXT STEP,WE PLAN TO DEVELOP A KNOWLEDGE ACQUISITION SUPPORT SYSTEM FOR SCHEDULING PROBLEMS.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1991
発行年月 [Issued Year / Month]
1991/09
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

篠原 靖志

経済研究所情報システム部知識処理研究室

小野田 崇

経済研究所情報システム部知識処理研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
知識獲得 KNOWLEDGE ACQUISITION
エキスパートシステム EXPERT SYSTEM
機械学習 MACHINE LEARNING
知識ベース KNOWLEDGE BASE
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.