財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y91005
タイトル
発電プラントの温暖化影響分析
[Title]
ANALYSIS OF GREENHOUSE EFFECT OF POWER GENERATION PLANTS
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
発電プラントの温暖化を総合的に評価する温暖化影響分析を行った。温暖化影響分析とは,プラントの建設と燃料の採掘から搬入に至る全ての過程のCO2排出量を算出し,プラントの環境影響を評価するものである。分析は,耐用年数を30年とし,プラントの寿命期間におけるCO2排出原単位とメタンの温暖化影響の算定を行った。その結果,以下のことを明らかにした。(1)温暖化影響の面から最も優れたプラントは,中小水力であり,次いで原子力,地熱,その他の自然エネルギーである。温暖化の面から見ると,やはり火力プラントは不利である。(2)LNG火力の温暖化影響は,燃焼だけでみれば石炭火力の52%であるが,建設,運転に投入するエネルギーを考慮すると,液化過程で多量のエネルギーを消費しているため63%とその格差が縮まっている。また,メタンの漏洩分を含めると,温暖化影響の比率は66%とLNG火力の優位性はさらに小さくなっ
[Abstract]
WE HAVE DEVELOPED A METHOD TO INVESTIGATE THE QUANTITY OF CO2 PRODUCED BY POWER GENERATION PLANTS NOT ONLY FROM DIRECT EMISSIONS BUT ALSO FROM INDIRECT EMISSIONS PRODUCED BY CONSTRUCTIONOF THE POWER PLANT AND ALL FUEL PROCESSES SUCH AS MINING,REFINING,AND TRANSPORTING. THE ANALYSIS ALSO INCLUDED THE GREENHOUSE EFFECT OF METHANE LEAKED BY MINING. WE INVESTIGATED CO2 EMISSIONS PER KWH PRODUCED BY CONVENTIONAL AND NEW TECHNOLOGIES SUCH AS THERMAL,NUCLEAR AND RENEWABLEENERGY SOURCES EXPECTED IN THE NEAR FUTURE. THE RESULTS ARE SUMMARIZEDAS FOLLOWS: (1)A HYDROELECTRIC POWER PLANT HAS THE LEAST CO2 EMISSION PER KWH AMONG ALL POWER PLANTS. THE CO2 EMISSION INCREASES IN THE ORDEROF HYDRO,NUCLEAR,WIND,WAVE,SOLAR POWER,AND FOSSIFUEL. THE CO2 EMISSIONS OF FOSSIL-FUEL PLANTS ARE VERY LARGE SINCE LARGE AMOUNTS OF CO2 GAS ARE GENERATED BY COMBUSTION. (2)COMPARING ONLY DIRECT CO2 EMISSIONS,AN LNG PLANT PRODUCES 52% OF THE CO2 EMISSIONS OF A COAL-FIRED PLANT. HOWEVER,THE ADVANTAGE IS REDUCED BY UP TO 63% IF THE INDIRECT EMISSIONS OF CONSTRUCTION AND O&M ARE INCLUDED. THE RATIO INCREASES BY UP TO 66% WHENTHE EFFECT OF MINING METHANE LEAKAGE IS ADDED, (3)THE EMISSION OF A NUCLEAR POWER PLANT IS ONLY 5%-3% THAT OF A FOSSIL-FULL PLANT. THE STUDY DID NOT INCLUDE THE DOWNSTREAM FUEL PROCESSES FOR NUCLEAR AND COAL-FIRED POWER PLANTS. THE DOWNSTREAM INFLUENCE COULD BE ESTIMATED TO BE LESS THAN THAT OF THE UPSTREAN FUEL CYCLE.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1991
発行年月 [Issued Year / Month]
1992/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

内山 洋司

経済研究所経済部エネルギー研究室

山本 博巳

経済研究所経済部エネルギー研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
温暖化影響 GREENHOUSE EFFECT
CO2排出量 CO2 EMISSION
発電プラント POWER GENERATION PLANTS
エネルギー収支分析 ENERGY ANALYSIS
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.