財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y92002
タイトル
高レベル放射性廃棄物処分に関する欧米の法制度
[Title]
INSTITUTIONAL ASPECTS OF HIGH-LEVEL RADIOACTIVE WASTE DISPOSAL IN EUROPE AND NORTH AMERICA: IMPLICATIONS FOR JAPAN
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
高レベル放射性廃棄物の処分に関しては,わが国では地層処分研究開発の第2段階があり,その終了時点で処分予定地の選定が行われる。今後,処分予定地選定に向けての作業が本格化するに伴い,高レベル放射性廃棄物処分に係る法規制や資金手当などの様々な制度面の整備が必要となってこよう。本研究の目的は,スウェーデン,フランス,スイス,カナダ,米国における高レベル放射性廃棄物処分に関する法規制,処分の実施体制,処分選定に至る手続,PA活動,資金手当などを調査し,わが国におけるこれらの制度的課題の検討に資することである。
[Abstract]
TO DISPOSE OF HIGH-LEVEL RADIOACTIVE WASTE,JAPAN AND OTHER MAJOR COUNTRIES ARE TRYING TO ESTABLISH THE CONCEPT OF SAFE GEOLOGICAL DISPOSAL. ALTHOUGH INSTITUTIONAL ARRANGEMENTS SUCH AS A REGULATORY FRAMEWORK MUST BE ESTABLISHED BEFORE SELECTION OF A REPOSITORY,PROCEDURES FOR PUBLIC ACCEPTANCE ARE CLEAR IN SWEDEN,FRANCE,SWITZERLAND,THE USA AND ELSEWHERE,THIS IS NOT THE CASE IN JAPAN. HOWEVER,WE MUST ESTABLISH AN INSTITUTIONAL FRAMEWORK IN JAPAN,BECAUSE THE LACK OF CLEAR AND DETAILED PROCEDURES MAKE IT DIFFICULT TO OBTAIN PUBLIC ACCEPTANCE. TO CONTRIBUTE TO THE ESTABLISHMENT OF INSTITUTIONAL ARRANGEMENTS IN JAPAN,THIS PAPER INVESTIGATES THE LEGAL AND INSTITUTIONAL BACKGROUNDS,PROCEDURES FOR SELECTION OF A REPOSITORY,FINANCIAL ARRANGEMENTS,AND PROCEDURES USED TO OBTAIN PUBLIC ACCEPTANCE IN MAJOR FOREIGN COUNTRIES.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1992
発行年月 [Issued Year / Month]
1992/08
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

矢島 正之

経済研究所経済部経営研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
原子力 NUCLEAR POWER
法制度 REGULATIONS
高レベル放射性廃棄物 HIGH-LEVEL RADIOACTIVE WASTE
放射性廃棄物処分 RADIOACTIVE WASTE DISPOSAL
PA PUBLIC ACCEPTANCE
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.