財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y92004
タイトル
コジェネレーションシステムの導入による地域省エネルギー可能性の評価
[Title]
ESTIMATION OF ENERGY SAVING POTENTIAL BY INTRODUCTING CO-GENERATION SYSTEMS TO TOKYO DISTRICT
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
さまざまな分野において,その省エネルギーのポテンシャルがどの程度存在するかに関する評価研究が成されている。しかし,個別の領域や,特定の建築に関する評価が多く,より広い地域に関する評価の事例はほとんどなかった。特に,地理的な条件,例えば負荷パターンの場所による違いなどを考慮に入れた評価を行うことは,難しい問題である。本報告では,上述のような地理的条件を考慮に入れた上で,地域の省エネルギーポテンシャルを評価する新しい手法の開発を試みる。具体的には,まず,対象領域として東京都区部を選択し,標準地域メッシュ(1km四方)をひとつの単位(地区)として,電力需要と熱需要のデータの整備を行った。そして,東京都区部の各地区にいくつかのタイプのコジェネレーションシステムを設置し,熱電併給を行った場合に,従来の供給形態(商用電源+専用熱源)と比較して,どの程度省エネルギーが達成できる可能性があるのか評価
[Abstract]
STUDIES ON ENERGY SAVING POTENTIALS IN VARIOUS TECHNICAL FIELDS HAVE BEEN CARRIED OUT. THESE STUDIES ONLY DETERMINETHE POTENTIAL OF EACH TECHNICAL FIELD OR THE EFFECT OF INTRODUCING EACH NEW TECHNOLOGY. ESTIMATION OF ENERGY SAVING POTENTIAL CONCERNING GEOGRAPHICAL AND TIME FACTORS IS STILL A DIFFICULT PROBLEM. THIS STUDY SHOWS A FRAMEWORK FOR ESTIMATING ENERGY SAVING POTENTIAL IN URBAN AREAS. THE ENERGY SAVING POTENTIAL OF INTRODUCING CO-GENERATION SYSTEMS INTO A DISTRICT IS EVALUATED BY APPLYING MESH STATISTICAL DATA. THE OBJECT AREAIN THIS CASE STUDY IS THE TOKYO DISTRICT. A SIMPLE MODEL MATCHING ENERGY DEMAND AND SUPPLY IN EACH DISTRICT WAS BUILT. THE MODEL CAN EVALUATEENERGY SAVING POTENTIAL WHEN A CO-GENERATION SYSTEM IS ESTABLISED IN ADISTRICT. (1)IN TOKYO,FUEL CELL SYSTEMS HAVE ADVANTAGES IN ENERGY SAVING POTENTIAL IN MOST AREAS. (2)THE MOST ENERGY CONSERVATIVE AREA IS SPREAD ALONG THE YAMANOTE RAILWAY LINE. AREAS WITH A MIXTURE OF BUSINESS/COMMERCIAL AND RESIDENTIAL PATTERNS ARE SUITABLE FOR CO-GENERATION. (3)THE ENERGY SAVING POTENTIAL MAY BE INCREASED BY CONNECTING AREAS INTO LARGER ONES. THE AMOUNT IS RELATIVELY SMALL COMPARED WITH THE CHOICE OF CO-GENERATION SYSTEM. THE ABOVE RESULTS ARE JUST AN APPROXIMATION AS THEFIRST STEP IN THIS RESEARCH. MORE SOPHISTICATION USING TECHNICAL DATA AND ECONOMIC ANALYSIS IS NEEDED TO ESTIMATE THE ENERGY CONSERVATION POTENTIAL MORE PRACTICALLY. WE ALSO AIM TO EVALUATE THE CASE WHEN LATENT ENERGY IN AN URBAN AREA IS PUT TO PRACTICAL USE.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1992
発行年月 [Issued Year / Month]
1992/12
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

佐賀井 重雄

経済研究所情報システム部経営情報研究室

椎名 孝之

経済研究所情報システム部経営情報研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
省エネルギー ENERGY SAVING POTENTIAL
地域メッシュ統計 OISTRICT MESH STASTICS
熱電比 HEAT/ELECTRICITY CONSUMPTION
コジェネレーションシステム CO-GENERATION SYSTEM
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.